記事

8月5日(月)ムネオ日記

 1日に招集された臨時国会も本日が閉会日である。私は、外交防衛委員会、行政監視委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会に所属する事になったが、10月とも言われる臨時国会に備えて参りたい。

 本日の参議院本会議も予定より25分開会が遅れた。議院運営委員会理事会で木村英子議員及び舩後靖彦議員の重度訪問介護サービスに関し、時間がかかって遅れてしまった。

 昨日の産経新聞2面に「れいわ2議員が公費負担要求 介護支援『拡大』で議論」という見出し記事がある。全文紹介したい。

 重度の身体障害を抱える「れいわ新選組」の木村英子、舩後(ふなご)靖彦両参院議員が議員活動で利用する介護支援をめぐって議論が盛んになっている。両氏は24時間支援を受けられる公的介護制度を利用しているが、議員活動も該当する「経済活動に係る外出」は公費負担の対象外となる。当面は参院が特例として費用を負担するが、両氏が求める支援の対象拡大とは程遠い。

 両氏が利用する「重度訪問介護」は障害者総合支援法に基づく制度で、入浴や食事など自宅での生活全般に介助が付く。利用者の自己負担額は原則1割で、それ以外は公費でまかなう。

■経済活動は対象外

 ただ、厚生労働省によると、職業の種類を問わず、通勤や就労に対する介助は対象外となっている。個人の経済活動に対する公的補助は是非が分かれるためだ。

 議員活動も「経済活動」と見なされるため、公費負担の対象外となる。しかし、両氏は働く意欲がある障害者を後押しするために経済活動中も対象とするよう運用ルールの変更を求めてきた。参院は7月30日の議院運営委員会理事会で、両氏の議員活動中の介助費は参院が当面負担すると決めた。これに対し、木村氏は「障害者が重度訪問介護サービスを使って就労することは認められなかった」と不満を示した。

■維新代表が疑問符

 参院の決定は別の観点からも批判されている。日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は7月31日、市役所で記者団に「原資は税金。国会議員だけ特別扱いするのか」と疑問を呈し、自己負担にすべきだと強調。「国会議員だろうと一般人だろうと、公平、平等に支援が受けられる制度にすべきだ」とも訴えた。

 これに対し、れいわの山本太郎代表は8月1日のテレビ朝日番組で「障害者が自らポケットマネーを出して働ける状況をつくるのは明らかに間違いだ。あしき前例になる」「昭和のおっさんのメンタリティー(考え方)」と批判した。

 木村、舩後両氏の問題提起は、支援拡大に伴う財源論も含めて引き続き議論を呼びそうだ。
 さまざまな考え、意見が出るのが民主主義であり、「政治は弱い人のためにある、恵まれない人のためにある」を胸に刻んでやってきた私だが、国会議員になったからといって、国会議員という立場で特権的待遇、優遇をするのは、公平・公正だろうかお互い考えていきたいものである。

 原資は国民の汗と涙の賜物である税金だ。その税金の使い方はしっかり議論なされて当然であり、何よりも国民の最大公約数、理解を得る事が必要だと考えるものである。

あわせて読みたい

「れいわ新選組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  5. 5

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  7. 7

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。