記事

「内外の課題が山積み、閉会中審査を求める」原口国対委員長


 原口一博国対委員長は5日、定例記者会見を国会内で開いた。第199臨時国会が閉会となっても国内外の課題が山積みであることから、閉会中審査を政府・与党に求めていくと述べた。議論すべき課題として、かんぽ生命不正契約、森友・加計学園問題、「表現の不自由展」、豚コレラ対策、ロシア首相の択捉島訪問、北朝鮮のミサイル発射、ホルムズ海峡「有志連合」提唱への対応などを挙げた。

 立憲民主党をはじめ野党会派の連携に関連して、「安倍内閣が今月24日には佐藤内閣を抜き歴代2位の長期政権になる。このような長期政権をもたらした要因の一つは紛れもなく旧民主党勢力の分裂にある」と指摘。「安倍政権が独裁色を強め、言論の自由度が低くなってきている」現状に対して「国民に信頼されるもう一つの軸を打ち立てることは絶対に必要だ」と述べ、「同じ志を持つ人たちが再結集していくために努力をしていきたい」との考えを示した。

 6日に広島原爆の日、9日に長崎原爆の日、15日に終戦の日を迎えることから原口国対委員長は、「私たちは政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることがないようにあらためて決意をしたい。そして核廃絶、非核の傘を広げ一刻も早く核をこの世からなくしていく努力を前に進めていきたい」と力を込めた。

あわせて読みたい

「原口一博」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。