記事

人民元相場の安定維持可能と確信=中国人民銀行


[上海 5日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は5日、人民元相場を妥当でバランスの取れた水準で維持することができると確信していると表明した。

人民元相場は5日、対ドルで下落し、一時1ドル=7元台に乗せた。7元台まで下落するのは2008年の金融危機以降で初めて。

人民銀行はウェブサイトに掲載した声明で、人民元の下落は主に、保護貿易主義や中国製品への関税が要因と説明。為替相場の動きは長期的にはファンダメンタルズに左右される一方で、短期的には、市場の供給と米ドル相場の変動が人民元相場に大きな影響を及ぼすと指摘した。

1ドル=7元台の乗せても中国の為替政策スタンスは変わらないと説明。ただ、為替市場の安定運営と期待を確実にするため、短期的な投機に対し必要かつ的を絞った措置を講じると表明した。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。