記事

不自由を言えなくなる不自由さ

[画像をブログで見る]

 このニュースには、よくわからないことが多い。「ガソリン缶を持って行く」などの脅迫をした犯人への捜索は、適正に行われたのだろうか。警察が協力して、当日の会場で持ち込み品の検査を厳重にするなどの対策は、考えられなかったのだろうか。テロの予告は、表現の自由という普遍的な価値への挑戦ではないか。それを野放しにしたのでは、「公安」を守るべき警察が役に立たなかったことになる。

 今の日本で、どのようなものが「公表してはまずい」と思われているのか、私も興味があったから、会場が近くなら見に行きたいと思っていた。人間が批判の精神を持つというのは大切なことだ。情緒に流されて「進め一億、火の玉だ!」で進んだ果てにどうなったかは、育ち盛りの小学生の頭で考えても、よくわかったものだ。何かに興奮して単純な考え方しかしない人間が増えると、ろくなことがない。

 この展覧会も、そんな批判精神に満ちた、すぐれた人たちが発想したものだろうと思う。テロの予告があったのなら、警察に相談して、警備を厳重にしてもらうことは出来なかったのだろうか。まさか「テロを予告されるような展示は止めなさい」とは言わなかったろうし、絶対にそんなことを言ってはならない。
 問題は表現の自由を守ることであって、展示内容が刑法に触れるものでない限りは、無条件に保護されるべきなのだ。唯一の価値判断は、観客に任せればよい。

 この問題で一つだけ良かったのは、これが世界に知れ渡るニュースになったことだ。なるべく早く、新しい機会を作って見せていただきたい。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。