記事

エスパー米国防長官、中距離ミサイルのアジア配備に前向き


[シドニー 3日 ロイター] - エスパー米国防長官は3日、地上配備型の中距離ミサイルを比較的早期にアジアに配備することに前向きな姿勢を示した。米国は2日、旧ソ連と1987年に締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を正式に離脱したばかりで、軍拡競争を巡る懸念の高まりや一段の米中関係悪化につながる可能性がある。

エスパー長官はオーストラリア訪問に同行した記者団から、アジアに地上配備型の中距離ミサイルを配備することを検討しているかとの質問を受け、「配備したい」と答えた。

時期については「個人的には数カ月が望ましいと思うが、こうしたことは想定以上に時間がかかるものだ」と述べた。

また「軍拡競争が起きているとは思わない。われわれはアジア太平洋と欧州の両地域において必要な能力を構築するため、先を見越した措置を講じている」と説明した。

配備が検討されている場所は不明だが、エスパー長官はアジア歴訪中に各国高官と会談する見通しだ。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。