記事

目の手術は"大学病院なら安心"は大間違い

1/3

「日本の眼科医療は欧米など世界から20年、遅れている」。こう語るのは、欧米などで研鑽を積み、数多くの治療法を開発、2017年には世界最高の眼科外科医に贈られるクリチンガー・アワードを受賞した深作秀春氏。日本の眼科医療の問題点を語ってもらった。

欧米など世界の認識では「眼科は外科医」

アメリカの眼科には、2種類の眼科専門家がいます。まずは医学部出身で眼科の治療と手術を行う「オフサルモロジスト(眼科外科医、M.D.)」が1万7000人ほどです。他方は専門大学やカレッジに通い資格を取った「オプトメトリスト(検眼医、O.D.)」が5万人ほどいて、通常の眼科診療や点眼やオルソ治療など、手術はできませんが、かなり日本の一般眼科医に近いレベルの治療を行っています。しかし、元来はメガネやコンタクトレンズの作成が主な仕事でした。

深作眼科院長 眼科外科医 深作秀春氏

一方で日本は眼科医という一種類しかなく、この中に眼科外科医と検眼医のような診療医がいます。みなさんが“目医者さん”と呼んでいる医師がオプトメトリストのような診療医です。現実には、日本では眼科外科医はごくわずかしか存在しないのです。もしあなたが「日本の眼科医は世界的に優れている」と思い込んでいるとしたら、間違っています。本来の眼科外科医が極端に少ない国だからです。

アメリカをはじめとする多くの先進国では、「眼科医は外科医である」という認識が定着しています。だって、ほとんどの目の疾患は手術で治すのだから、外科に決まっているではありませんか。
ところが、日本で緑内障(注1)の患者に「手術で治しましょう」と言うと、「え!? 緑内障って手術ができるんですか?」と驚かれるほどです。日本では多くの診療眼科医から「いい点眼剤があり、これで眼圧を下げれば心配いりません」などと言われます。
適切な手術時期を逃し失明寸前になって当院に来る患者が後を絶ちません。

注1●緑内障:目から入ってきた情報を脳へ伝達する視神経が障害され、見える範囲が狭くなり徐々に失明する疾患。緑内障は、日本人の失明原因の第1位であり、早期発見・早期治療が望まれる。初期は点眼剤で眼圧を下げるが、中期では手遅れにならないうちに緑内障手術を適切な時期に施行することが大切。

緑内障の場合、点眼剤だけで進行が止まることは、ごく少数。多くは進行が緩やかになるだけで止まりません。ですから手遅れになる前に、経験の多い上級の眼科外科医から緑内障の手術を受けることが大切です。
しかし、日本では緑内障の手術をいつまでも薬に頼っていることが多い。日本には緑内障の手術を完璧にできる眼科外科医が少ないからです。日本の失明原因の第1位は緑内障です。先進国では失明の原因の上位に緑内障は挙がりません。それは緑内障をきちんと手術できる優秀な眼科外科医が数多くいるからです。

適切な手術施行をすれば視力回復も多い

いかに日本の眼科治療が遅れているか。眼科の教科書を見てもわかります。
日本の失明原因の3位に入っている病気に「網膜色素変性症」(注2)があります。日本の薄い眼科の教科書を見たところ、網膜色素変性症は「治療法はない」としか書いておらず、眼科医が患者を絶望させています。しかし英語の教科書には、細かい字で40ページにわたって、最新の人工網膜や遺伝子治療などについて書かれています。

この病気は白内障(注3)、緑内障、網膜炎なども引き起こしますが、そうなった場合の特殊な手術についても丁寧に記載されています。私の病院には網膜色素変性症の患者が5000人ほどいます。私は患者さんには「治療の決定打はなくとも、進行を遅らせることはできる」と言っています。適切なメガネで予防し、漢方治療で治った人もいます。
手遅れにならないうちに、適切な手術施行をすれば視力回復も多いのです。

注2●網膜色素変性症:網膜という部分に異常をきたす遺伝性、進行性の疾患。日本では難病指定されている。初期症状は夜盲など。病気の進行とともに視力が低下していく。治療法があり、早期発見・早期治療開始が最も重要。

注3●白内障:目の中のレンズに相当する水晶体の老化現象で、水晶体が白濁する疾患。効果的な薬はないため、手術を行い、水晶体の代わりに眼内レンズを入れる。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/licsiren)

患者の希望を打ち砕くようなものは医療ではありません。今は不可能に見えても、将来は可能になるという希望を医師は患者とともに語るべきです。
現に、網膜色素変性症や加齢黄斑変性(注4)で失明した患者の視力を取り戻す人工網膜移植術の方法として、2016年にFDA(アメリカ食品医薬品局)で臨床応用が認可されました。もちろんまだ不完全ですが、古い情報が載った教科書のまま「治りません」と伝えるのではなく、「網膜色素変性症には、治療法があります」ということを、その希望を、患者に伝えることこそが医師の使命です。

注4●加齢黄斑変性:網膜の中心部の黄斑に出血や水が溜まることが原因で、視力が低下したり物が歪んで見える。欧米先進国では成人(特に50歳以上)の失明原因の第1位になっている。日本でも、高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い患者数が増加、失明原因の第4位になっている。

ではなぜ、これほどまで日本の眼科は遅れているのでしょう。
日本には「目医者・歯医者も医者のうち」という酷い言葉があるように、眼科は他の科より低く見られているのが現状です。アメリカではそんなことはありません。医師の中でも眼科外科医は外科のクイーンと言われ、医学部トップでないとなれないほどに高い技術と知識が求められ、なるのが最も難しい繊細な手術専門家です。心臓外科医や脳外科医よりもステータスや収入も高いのです。

眼科の手術代に関しても、アメリカなら1000万円ほどする複雑な手術が、日本は安くて50万円ほどです。日本の眼科手術代金はとても安く、これでは最新の機械を入れられないし、優秀な人材が眼科を志望しないのも当たり前です。また、眼科医の中には、「血を見たくないから」「定時に帰れそう」といった理由から眼科を選んだという見当はずれな人も少なくありません。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。