記事

指導員を兵糧攻めにする日本空手協会の闇体質

1/2

公益社団法人・日本空手協会が、労働組合の執行委員長で空手指導員の男性を不当に解雇し、さらに最高裁で解雇無効の判決が出たにもかかわらず、男性を復職させていないことがプレジデントオンラインの取材で分かった。空手協会は「コメントは控えたい」として取材に応じていない。男性の悲痛な訴えをリポートする――。

撮影=プレジデントオンライン編集部
東京都文京区にある日本空手協会総本部道場

■「協会を中傷した」として突然解雇された

空手の指導員として空手協会に勤務している尾方弘二さん(50)は、協会の指導員らでつくる労働組合「総本部指導員会」の執行委員長として、職員の労働環境の見直しを協会にたびたび求めていた。ちょうど同じ時期に幹部の人事権を持つ「代議員」たちが協会の運営体制に反発していたこともあり、その活動をサポートするかたわら、自身も待遇改善のための要望活動を行っていた。

その最中だった4年前の2015年2月、尾方さんは突然解雇された。職場に出勤した際にA4用紙1枚の「懲戒解雇通知書」が手渡され、そこには、解雇理由として以下のように記されていた。

・日本空手協会の運営に関する各種の誹謗(ひぼう)中傷行為

・協会の正常な運営を阻害しようとする行為

・尾方氏による後輩へのパワーハラスメント行為
尾方さんに届いた空手協会からの懲戒解雇通知書

尾方さんは空手四大流派の一つ、「松濤館(しょうとうかん)流」で数々の成績を収めた、日本を代表する空手家だ。

尾方さんは1968年京都府生まれ、8歳のときに日本空手協会宇治支部で本格的に空手を習い始めた。京都外語大学付属西高等学校時代はインターハイに出場し優勝。強豪の東洋大学空手道部を卒業した後は、1993年に全日本空手道連盟(全空連)主催の全国空手道選手権大会で優勝。1995年に日本空手協会の総本部指導員(三段)となり、協会の正規職員となった。

2004年には第9回松濤杯争奪世界空手道選手権大会で「組手優勝」、翌05年の第48回全国空手道選手権大会でも組手優勝の実績を持つ。ちなみに、一本勝負とする空手協会主催の大会と、ポイント先取制を採用する全空連主催の大会の両方を制した選手は、尾方さんを最後に出ていない。

小学生のころから尾方さんと親交があり、自身も総本部指導員を務める谷山卓也さんは、尾方さんのことを「自分の意志をしっかり持っており、白黒ハッキリしている。少し頑固なところもあるが、曲がったことが嫌いなタイプ」と評する。

撮影=プレジデントオンライン編集部
プレジデントオンライン編集部の取材に答える尾方弘二さん

■労働環境の改善を求めて組合を結成

この総本部指導員とは、協会が公認する「松濤館流」を正式に指導・継承することを職務とする協会の従業員である。

全国に散らばる約1000支部に所属する協会員3万7000人のうち、総本部指導員に名を連ねるのはたった30人ほど。いずれも、全国大会で輝かしい成績を残している有段者たちだ。

空手選手のキャリアコースは、一定の昇段を経ると独立し、自分の道場を開いて弟子の指導に当たるケースが一般的だ。しかし道場で開く空手教室の月謝料などで生計を立てるのは難しく、多くは会社員として一般企業に勤めながら指導に当たっているという。これは、限られた実力者だけが選ばれる総本部指導員も同様だ。

総本部指導員は協会が直接雇用する正規職員とはいえ、給与は諸手当を含め、月30万円を超える程度。一般の指導員と同じく、自身の空手教室や他道場への指導料などでやりくりをしており、経済状況は決して楽ではない。

2014年5月、尾方さんをはじめとする総本部指導員9人は、労働環境の改善などを求めて、労働組合を結成した。代表者である執行委員長には尾方さんが就任。同時に、結成通知書や団体交渉申し入れ書などを協会の森俊博専務理事(当時)に提出した。

各資料は、いずれも労働組合名と共に「執行委員長 尾方弘二」の名前だけが書かれており、そのほかの組合員の名前はなかった。連名にしなかったのは尾方さん本人の希望で、「他の総本部指導員に協会幹部からの圧力がかけられるのを避けたかった」という思いがあったからだ。

■「見せしめ」の懲戒解雇処分

これに対し、協会の反応は冷ややかだった。尾方さんたちは、総本部指導員の過去10年分の給与明細や、賞与額の根拠を開示するように要望したが、協会側からの応答は一切なかった。

この組合の動きとは別に、協会の運営体制を刷新するべく活動を続けてきた代議員の有志団体は、2015年1月に「臨時社員総会」の開催に踏み切った。代議員は全国の支部から選挙で選ばれ、幹部交代などの人事権を持つ特別な立場。総会で中原氏と森氏の解任動議を提出し、尾方さんら組合員も会場の外で行方を見守っていた。

しかし、幹部らは代議員の動きを事前に察知していたため、当日の解任動議は反対多数で否決された。数日後、協会は懲罰委員会を開き、尾方さんが解任を主導した張本人と断定。その日のうちに懲戒解雇処分を決めたという。

会長らの退任を求めていた代議員ではなく、なぜ組合執行委員長の尾方さんだけが解雇されたのか。協会内には、以前も幹部の交代を求めて当時の総本部指導員が会長を退任に追い込んだ騒動があり、尾方さんを解雇することで早期の幕引きを図ろうとしたとみる向きもある。

尾方さんは当時のことについて、「トップの退陣を支持していたので何らかの処分は覚悟していましたが、まさか解雇されるとは思っていませんでした」と振り返る。1人だけ解雇されたことはまるで見せしめのような処分だった。組合は処分を不服として団体交渉を要求したが、協会側はこれにも応じなかった。

そして同年8月、尾方さんは空手協会に対し、解雇の無効と地位確認を求めて、東京地裁に訴えを起こす。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  6. 6

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  7. 7

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。