記事

七つのヤバいシナリオ:その5

今日の横浜北部は、またしても猛暑の真夏日。

さて、引き続き日本では翻訳されないであろう本の中のシナリオの紹介です。

クレピネヴィッチは、ドラゴン派もパンダ派も、中国共産党が危機感を持つのは自分たちの持っているレジティマシーが脅かされた時であるという認識を持っていると分析しております。

そしてこれはつまり北京が自分たちの脆弱性、つまり弱さを自覚したところから始まる、ということです。

次にクレピネヴィッチは、パンダ派やドラゴン派をはじめとする「専門家」というものは、その知見が最も必要とされるとき、つまり予測できないことをあらかじめ予期しておくという点では役にたたない、と指摘しつつ、とりわけ米軍は中国に対する準備ができていないと述べるわけです。

まあ大抵の戦争というのは思いがけない形で始まるものであり、しかも未来ことを予測できないのは仕方のないところなので、この点はクレピネヴィッチは少々厳しいかなという気がしますね。

さて、ここまで説明してきたあとに、クレピネヴィッチはいよいよ中国共産党が自分たちの弱さを自覚する要因がいかに発生してきたのかの説明に移ります。

第一の要因は、なんといっても経済成長の鈍化です。

ここではみなさんもご存知のように、中国はここ30年ほどで人類史上にも残る高い経済成長を実現してきたわけですが、このような二桁レベルの成長率も、いつかは終わりを迎えます。

クレピネヴィッチは、この中国の経済成長の鈍化が2015年に始まったと「予測」(本書の刊行は2009年)しているわけですが、現実の方はこれよりもやや遅れているといえるでしょうか。

ここで時間切れです。つづきはまた明日。



(財務省)

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  6. 6

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  7. 7

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  8. 8

    ワタミ ホワイト企業表彰で喜び

    わたなべ美樹

  9. 9

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  10. 10

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。