記事

大江健三郎さんの小説はなぜ60年間も封印されていたのか

1/2
『文學界』1961年2月号「政治少年死す」(右)と3月号「謹告」

 国会図書館へ足を運んで、文藝春秋発行の『文學界』1961年3月号を閲覧した。約60年前の誌面は既に変色していたが、マイクロフィルムで保管されていたそのページが映し出されたのを見て驚いた。

「謹告」と題されたお詫び文が、何と1ページ大という異例の大きさで掲載されていたからだ。誌面から当時の編集者の苦渋がにじみ出ていた。同じ編集者として重たい気持ちになった。

 その一文の最後はこう結ばれていた。

 《虚構であるとはいえ、その根拠になった山口氏及び防共挺身隊、全アジア反共青年連盟並びに関係団体に御迷惑を与えたことは卒直に認め深くお詫びする次第である。

 昭和三十六年一月二十日            文學界編集長 小林米紀》

 お詫びをしたのは同誌前号2月号の大江健三郎さんの小説「政治少年死す」についてだった。1月号に掲載された小説「セブンティーン」の第2部として掲載されたものだ。

 1960年10月に日比谷公会堂で演説していた浅沼稲次郎社会党委員長が右翼少年によって刺殺された。「政治少年死す」は、その17歳の山口二矢(おとや)少年をモデルにした小説だった。それに対して右翼団体などから激しい抗議を受け、『文學界』編集部は3月号で異例の大きさでお詫び。そして「政治少年死す」の単行本化は封印されたのだった。

 第1部の「セブンティーン」は単行本になったのだが、「政治少年死す」はその後60年にわたって世に出なかった。

 その大江さんの小説が昨年、約60年ぶりに復刻した。2018年7月から『大江健三郎全小説』が講談社から刊行され始めたが、その第1回配本である第3巻に、それは収録されていた。第3巻から配本が始まったのは、そこに「政治少年死す」が収録されていたからだろう。

「大江健三郎全小説3」講談社刊(筆者撮影)

  その第3巻は、同作品が封印されてきた経緯や作品の意義について、2つの解説を計30ページ以上にわたって掲載していた。この解説自体がなかなか興味深いものだが、私が気になったのは、そもそも「政治少年死す」がなぜ60年間も封印されたままだったのかということだ。

死者まで出した戦後最大のタブー小説「風流夢譚」

 その経緯に大きく影響したのは、1960年11月発売の中央公論社発行『中央公論』12月号に掲載された深沢七郎さんの短編小説「風流夢譚」(ふうりゅうむたん)が右翼団体の激しい抗議にさらされていたことだった。

 当時はいわゆる60年安保で左右激突の時代だった。暴動が起こり天皇一家が殺害されるという小説「風流夢譚」は右翼陣営の激しい抗議に見舞われた。中央公論社に右翼が押しかけ、突入しようとする事態もあった。

  そして1961年2月1日に起きたのが、同社の嶋中鵬二社長宅に押し入った右翼が、社長夫人に怪我を負わせ、お手伝いさんを刺殺するという事件だった。いわゆる「風流夢譚」事件である。

『中央公論』1960年12月号に掲載された「風流夢譚」

 死者が出たというその事件は出版界に衝撃を与えた。恐怖が業界全体を支配し、天皇を扱った小説などが出版中止にあうという自粛ムードが広がっていった。そういう流れの中で、「風流夢譚」も「政治少年死す」も封印されたのだった。

 私が出版社に勤務するようになった1970年代後半は、76年に中村智子さんの『「風流夢譚」事件以後』、83年に京谷秀夫さんの『一九六一年冬「風流夢譚」事件』が出版され、その事件について関心が高まっていた時代だった。私もそれらの本を読み、1961年のその言論テロが、その後も出版界に大きな影を落としていることを知らされた。

 ちょうどその頃、1980年には、『創』とつきあいのあった『噂の眞相』の「皇室ポルノ」事件が起き、岡留安則編集長を刺殺せんとする者が新宿ゴールデン街を徘徊しているという噂も流れていた。皇室タブーという存在が今よりもっと編集者の身近にある時代だった。

「風流夢譚」事件に直面した編集者たちの述懐 

 「風流夢譚」事件について書いた前掲の2つの書籍の著者は、いずれも60年代に中央公論社の編集者だった人たちだ。60年代初めの苦渋の体験について書き残すことを自分の責任と考えての出版だった。

 「風流夢譚」事件当時、右翼の攻撃への対応にあたった京谷秀夫さんは、責任を感じて辞表を出すなどし、事件の後に他の部署に異動した。退社後、それを回想して書いたのが『一九六一年冬』だった。私は電子書籍で改めて読み直したのだが、本文の後に「補遺」として収録された一文で、京谷秀夫さんは、事件をこう総括していた。

「風流夢譚」事件を報じた当時の読売新聞

 《私の到達した考えによれば、右翼は一九六〇年の初め頃から『中央公論』に的を絞って、進歩的言論陣営の一角を崩そうと狙っていたのではないかということである。その明示的証拠はいくつもあげることはできる。そのことに今は言及しないが、要は、私たちは彼らにつけ入る隙を与えてしまったのである。他者の隙につけ入って非合法な暴力を振った右翼が悪いことは自明であるとしても、ジャーナリストとして、みすみす相手につけ入る隙を与えてしまった己れの非を私は悔いるのである。もし、私たちがジャーナリストとして、客観情勢を深く読み取り、主観的条件を十分に整えた上で、「風流夢譚」を掲載したのであれば、私たち『中央公論』・中央公論社は、あのような惨めな敗北を招かなくとも済んだであろうし、深い傷を中央公論社に与えずに済んだであろう。その傷は、それから二〇年たった今日でも、完全に癒えてはいないように見える。

「風流夢譚」事件・嶋中事件が、当時社会に与えた影響は決して小さくはなかった。それら一連の事件を契機に、天皇制論議を再びタブー化し、自由な言論・表現に自己規制を加える風潮を生んだが、その責任をも、一九六〇年における『中央公論』編集部の一員として、私は負わねばならないだろう。》

 右翼の激しい攻撃にさらされたとはいえ、言論を封印していった責任を一編集者として負わなければならない、という述懐だった。事件について書いた本に「補遺」と題して付けられたこの一文は、実は『創』1980年11月号の特集「戦後ジャーナリズム事件史」のために書かれた原稿だった。

当時20代だった私が編集長に就任して間もなく誌面化したその特集は、戦後の言論事件の当事者に、その事件について書いてもらうという企画だった。

そこで書いた一文を京谷さんは2年後に上梓した『一九六一年冬「風流夢譚」事件』に収録したのだが、事件以後、言論・出版界全体に皇室タブーが浸透していったことについて、責任の一端は自分にもある、というその述懐には、読み返して感銘を覚えた。

 著書の中で同時に、京谷さんは「私は『風流夢譚』をいつの日か復権させたいと願った」とも書いていた。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  3. 3

    ミヤネ屋出演者の発言に批判殺到

    女性自身

  4. 4

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  5. 5

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  6. 6

    カンペ頼る経産相に福島県民呆れ

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  7. 7

    総務相 SIMロックルール見直しを

    ロイター

  8. 8

    新型iPhoneの5G搭載見送りは正解

    新井克弥

  9. 9

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  10. 10

    煽り運転批判で舛添氏に苦情殺到

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。