記事

「あいちトリエンナーレ」は「表現活動」にとって最悪の結果に

この少女像をこの微妙なタイミングで「芸術」として展示しようというセンスは最悪だと思う。私は感心もしないし、絶対に観に行こうとも思わない。だが、そういう私が思う「センスの悪さ」(悪趣味)を「好き」だという人(物好き)もこの世にはいる。クローズドの場に展示するというならば、勝手に展示して、観に来たい人が勝手に観に来れば良いと思う。

その上で、私は面倒臭いので、いちいち展示に反対しようとも思わないが、反対したい人は徹底的に反対して、デモ行進するなり、スポンサーに圧力かけるなり、クレーム電話かけるなり、合法的に断固反対すればいい。それも「表現の自由」だ。もっとも、かえって作品に注目が集まることになる。

「ガソリン缶を持っていく」なんて言う人は、それは「犯罪行為」なので、表現の自由とは別の問題だ。警察が徹底的に捜査して、逮捕して、裁判で罪を与えればいい。そっちの捜査は徹底的にしないと。←政治家がキチッと言及すべきはこっちの捜査(行政権)だと思う。

展示をした

→世間が騒いだ

→脅迫があった

→政治家が関与した

→展示が中止になった

この流れは「表現活動」にとって萎縮効果を生む。最悪だと私は思う。以上は一人の「表現者」としての意見。

一方、民間のPR屋の意見としては、、、

アート展には2つの側面がある。芸術性と商業性。主催者が芸術性を重視して、フルスペックで好き勝手の自己表現をしたいなら、民間スポンサーや公共機関の力を借りずに、最初から自主興行でやればいい。圧力に屈するも、意思を貫くも、自律性は保てる。

芸術活動を支援、保護することは行政にとっても重要ではあるが、公的資金や民間企業の協賛が入るならば、教育とか地域ブランドなどの視点から、それなりの「忖度」は必要になるのだろう。

お金を出す側は普通は少なからず立場上から口も出す。「パトロン」の懐の深さも無限ではない。「表現の自由」は政治家やスポンサーの側にもある。

プロならば芸術性と商業性のギリギリの狭間で、もっと上手くやって欲しい。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  7. 7

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。