記事

「表現の自由」と責任と。脅迫犯を検挙し、自由を後退させないための議論・対応を

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本件は意見を表明すれば、どちらからも激しく批判される案件だと思うのですが…。

「表現の自由」を一つの核として活動してきた政治家として、ブログでも取り上げないのは不適当だと思いますので、私の考えを改めてまとめておきます。

「不快なイベント」「趣旨には賛同」 慰安婦像の展示中止
https://www.sankei.com/life/news/190803/lif1908030014-n1.html

公金(税金)が支出された展示イベントにおいて、昭和天皇の肖像写真が燃やされ、慰安婦像(平和の少女像)が展示されたことに多くの批判が集まった本件。

Twitterでも述べた通りでありますが、私の立場・意見を改めて先に提示しておきますと、

1.本作品は不愉快極まりないものであり、個人としてはまったく賛同も共感もできない
2.表現の自由は最大限に尊重されるべき。一方で、自由には責任を伴う
3.特に公金が支出されたイベントである以上、議会等でも批判や追及・検証が行われるのは当然
4.しかしながら、それでもなお、違法ではない表現を強制的に排除することには慎重であるべき

というものです。

極めて不快なことであっても、ロバート氏の指摘する通り、一度公金を支出すると決めたイベントからお金を引き上げたり、会期途中で強制的に撤去することは「検閲」になる恐れがあり、慎重であって欲しいと思います。

ただ、「(事後に)議会や政治家が責任追及をしたら、表現の自由が萎縮するからすべきではない」というご意見については、公金が支出されるイベントである以上、全面的に首肯することはできません。

(恐らく行政側の想定を超える)過激な展示内容に対して、ここまで大きな批判・議論が巻き起こったわけですから、どのような理由で公金が支出されることになったのか、コンセプトや承認プロセスが適切だったのかどうか、議会が事後的に検証しなければ、それは完全なサボタージュというものでしょう。

表現に限らず自由には、責任が伴います。

個人的には、ここまで踏み込んだ(特に昭和天皇の動画)作品が展示されるとわかっていたら、さすがに行政側も公金の支出を許可しなかったと思いますし、そもそも私的な個展でやるべき内容だったと思っています。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  8. 8

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  9. 9

    心もとない進次郎氏のCOP25演説

    舛添要一

  10. 10

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。