記事

国の助成事業を利用しようもくろめば、「国として認めた」と利用される可能性が

「あいちトリエンナーレ問題」。

津田大介氏は中止した「表現の不自由展・その後」について、確信的に「公立の美術館や行政の文化事業」で開催したと述べた。

国の助成事業において、ある主張の展示を利用しようとする人物がいれば、「日本が国として認めた」と利用されてしまう可能性がある。

津田氏は「物議を醸す企画を公立の部門でやることに意味があると考えた」と述べたが、国民は、事実なのか事実でないのか、展示が過去どういう主張に使われてきたのかを考え、声を挙げたのではないか。

『津田大介氏一問一答「希望になると考えたが劇薬だった」』(朝日新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000046-asahi-soci

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。