記事

国の助成事業を利用しようもくろめば、「国として認めた」と利用される可能性が

「あいちトリエンナーレ問題」。

津田大介氏は中止した「表現の不自由展・その後」について、確信的に「公立の美術館や行政の文化事業」で開催したと述べた。

国の助成事業において、ある主張の展示を利用しようとする人物がいれば、「日本が国として認めた」と利用されてしまう可能性がある。

津田氏は「物議を醸す企画を公立の部門でやることに意味があると考えた」と述べたが、国民は、事実なのか事実でないのか、展示が過去どういう主張に使われてきたのかを考え、声を挙げたのではないか。

『津田大介氏一問一答「希望になると考えたが劇薬だった」』(朝日新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000046-asahi-soci

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  3. 3

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  5. 5

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    イベント中止要請 経済対策急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  9. 9

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。