記事

【70%】セキュリティリスクを意識しない無料Wi-Fi利用者

巷に溢れる「無料」って、どこまで何が?なんで?。。。タダはタダなんですが何か闇がありそう?と、色々なものが曲がっている私はそう思うのです。しかし、そのリスクを十分に理解した上で注意して使うならば、これは最強のものへ変わるとも思います。

無料Wi-Fiを使う人の7割以上がセキュリティリスクを気にしないことが判明

マーケットリサーチ企業DecisionDataは、アメリカに居住する1195人を対象として、インターネット接続などに関するアンケート調査を行いました。以下が公共のWi-Fiに関するアンケート結果です。その結果、「公共の場所で無料のWi-Fiネットワークに接続している」という質問に「はい」と答えた人は82%、「いいえ」と答えた人は13%、「わからない」と答えた人は5%でした。大多数の人が公共の場所で無料のWi-Fiを活用していることがわかります。

結構多いのだろうなぁと思っていましたが、こういう調査結果を見ると70%という数値の説得力って出てきますね。対象が1195って少ない感じもしますが、昔テレビであったクイズだって100人にしか聞いてなかったと思いだし納得しますw

そもそものセキュリティ意識が低いのだろうなぁ、と納得してしまうは簡単なのでしょうが、出来る事と出来ないこと。どういう危険があるのか...くらいは知っておいてもと思います。

かなり前に書いたブログですが、危険性はこんな感じです。

モバイルなWi-Fiが増えると、間違って接続(拝借)してしまう危険性のセキュリティな話題

Wi-Fiは危ないけど、無線LANなら大丈夫!って・・・

Wi-Fiのように繋ぎに行ってなくとも、受信OKな状態にしておけば勝手に入ってく迷惑なものもありますが、面倒でも度々オンオフすることで回避出来ます。iPhoneで「わいせつ画像」を押しつけ送信して逮捕(真逆からの能動アプローチ

しかし、ショートメールなどスマホを普通に使う上で電波をオフに出来ない(する意味が不明w)普通な状態でも勝手に受信する迷惑メールや詐欺メールなど、どうやっても回避出来ないものも多くあります。ホント迷惑なのでどうにかしたいものです。

まぁ、このブログを読んでいる方々には、今さらこんなこと..な話題ですし、ちょっと気になると思った方でも十分に30%側に入りそうと思われます。一番必要な方々に届いて欲しいと思いますが、届いたところで「ふーん」「だから何?」と。

認識しなければわからない

リスクなんて言葉も意味も知っていても、意識や認識の浅深が大きく結果を変えてきます。○○はリスクがあるから...と正しい認識を持っているはずなのに、ほぼ同じ意味の△△の場合はリスクなしという認識を持っておる方が多くいます。更に○○はリスクと言っていた方ですら、○○が根拠ない持論や、自身の戒めなどの大人の都合でリスクでなくなる場合がある!まさにカメレオンばりの都合と解釈。問題や事故が起きる前まではね。ほんと浅深です。うんざりするほど見聞きします。

認識しているのだから、あともう少し...と思うのですが、こればかりは無理ですね。

結局、セキュリティリスクの認識や意識、リスクに対する自己責任ってことにしかならないのでしょうね。

如是我聞…と、急に思い出しましたw

あわせて読みたい

「Wi-Fi」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。