記事

あいちトリエンナーレ『表現の不自由展・その後』に「傷ついた」との声…展示方法は適切だったのか?



 きのう始まった、文化庁などの支援をうけて3年に1度開催されている国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。今、その中の企画展「表現の不自由展・その後」が物議をかもしている。



 主催者側によると、「組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われてしまった作品を集め、いかにして排除されたのか展示不許可になった理由とともに展示すること」というのが展示の企画意図だが、かつて美術館でミニチュアの像が撤去された過去もある、慰安婦像を想起させるような少女像などが展示されていることに対してネット上を中心に批判が集まっている。



 きょう視察に訪れた名古屋市の河村たかし市長は「ほんとにまあ、ワシの心も踏みにじられましたわ、これ。ということで展示を即刻中止して頂きたいですね」「芸術かどうかは知りませんけど、10億も使っている」とコメント。「これを反日作品だと解釈しているのは市長の側では?」との質問には「なにを言ってるの。誰でもそう思ってるじゃないですか?」と応じた。

 菅官房長官も定例会見で「審査時点では具体の展示内容についての記載がなかったことから、補助金交付の決定にあたっては事実関係を確認・精査したうえで、適切に対応していきたい」と質問に回答している。

 一方、芸術祭全体の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介さんも会見を開き、1日だけでテロ予告や脅迫ともとれる内容を含む批判的な電話が200件とメールが500件、きょうもほぼ同数の電話やメールが殺到したと明かした上で、「行政が、展覧会の内容や表現を認めることについて口を出すのは、憲法21条の"検閲"に当たる」「不快になる表現がある事は分かっているが、公の美術館から撤去されてきた事実が議論になればいい」と、改めて展示の趣旨を説明。「また一つ、日本の表現の自由が後退したかもしれない。また今回の騒動がその実証になってしまっていると捉えている状態です」と、表現の自由に対する危機感を語った。



 この問題に対して批判的な論陣を張っているのが、元経産官僚の宇佐美典也氏だ。「否定的な評価をする人がいるのもわかるが、僕にとって昭和天皇は特別な存在で、同じように特別な存在だと感じている人は日本に数千万人はいると思う。その肖像を切り取ったり焼いたりしている作品もあるということで、大事なものを踏みにじられた思いだし、傷ついた。それなのに私たちは被害者で、表現の自由が脅かされているというようなアピールはしないでほしい。表現の自由は大事だし、何を作っても良い。そして一度展示を始めた以上、撤去しろとも思わない。むしろ最後まで守るべきだと思う。交付金の要項は満たしていたのだと思うが、僕の払った税金の一部がそこに使われることには納得がいかない」と厳しい口調で批判。

 作家の乙武洋匡氏は「具体的な展示内容が精査される前に交付金が下りたんだということは、逆に展示内容は問わないということだったのだろう。もし展示内容によって下りたり下りなかったりするのなら、事前に内容について提出させるべきだったと思う」と指摘した。



 また美大出身で「ウツワ」代表のハヤカワ五味氏は、「芸術には見て不快になる人がいるものもあると思うし、100年後に評価されたとしても、今の国民には歓迎されないものもあると思う。私は芸術に税金を使うべきだと思っているが、もちろんそれはどうかと思う人もいると思う。そもそも、こういった企画の場合、展示物そのものよりも、それが文脈の中でどう展開するかや意味付けが問題なのであって、慰安婦像らしいものを単体で取り上げてどうこう言うのはナンセンスだと思う。芸術的な視点では、それが排除されてきたという文脈について語られるべきだ。主催者側も展示している=肯定しているわけではないともいっているので、そういう知識・理解や共通の文脈を持つ人同士で見るものだったとも思うし、美術展ではセンシティブなものや、アダルトなものは鑑賞に際して注意を促すこともあるので、今回も中身について認識した上で観るべきものだったと思う。だからここまでネットで拡散したり、開かれた場所で見られたりするべきだったのか、そこは議論しないといけない」と説明。

 紗倉まなは「そもそもタブー化されていたもの、これまで排除されたもの、展示できなかったものをお見せするのが趣旨ということだったので、津田さんも含め、炎上したり批判されたりすることはわかった上で展示会を開いたと思うし、そのことは認めることができると思う。ただ、誰も傷つかない表現方法が可能なのかどうかは考えてしまうところで、誰も傷つかないだろうと思っていても、誰かにとってはそうでないことはある」とコメント。パンサーの向井慧も「炎上させて、それをきっかけに議論になればいい、という意図だったのだとしたら、他に何か方法はなかったのかと思う。税金を使うものであれば、より不快に思う人が出てこないような方法、いい形で議論でき方法を考えた方が良かったのではないか」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  8. 8

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  9. 9

    心もとない進次郎氏のCOP25演説

    舛添要一

  10. 10

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。