記事

児童虐待 最多の15万9850件

全国の児童相談所が、2018年度に児童虐待の相談・通告を受けて対応した件数が15万9850件(速報値)で、過去最多だったことを、昨日1日、厚生労働省が発表しました。

前年度より2万6072件多く、調査を始めた1990年度から28年連続で増えています。連携が進んでいる警察からの通告が約50%と半数を占め、近隣知人からが約13%でした。

内容別では、子どもの前で配偶者に暴力を振るうことも含めた「心理的虐待」が8万8389件(55.3%)、「身体的虐待」が4万256件(25.2%)、「ネグレクト(育児放棄)」が2万9474件(18.4%)、「性的虐待」が1731件(1.1%)でした。

対応件数が増えたことについて、厚生労働省の担当者は「児童相談所と関係機関との連携強化のほか、国民の虐待への意識が高まったことが影響した」と、通告自体が増えていると分析している、と伝えられています。

通告があった子どもについて、安全を48時間以内に確認する「48時間ルール」をめぐる調査では、昨年7月~今年6月に対象になった子ども述べ約15万4千人のうち、約8%で48時間を超えていました。

背景には、児童相談所の深刻な人手不足があります。2017年度は、虐待以外の相談を含めて、児童福祉司1人当たり平均117件の新規相談を受けているそうです。

政府は、2022年度までに児童福祉司を2020人増やす計画を前倒しして、2019年度中に1070人増やす方針です。何よりも早く増員して、一人でも多く虐待で被害を受ける子どもを救ってほしいと思います。

これだけ法改正などをし、意識は高まっても、2017年度には、虐待で65人もの子どもの命が失われています。子どもの虐待に関して、気になった最近の報道があります。虐待などの理由で児童相談所に保護された子どもたちが入っている「一時保護所」で、子どもの人権侵害がある、ということです。

東京都の第三者委員の弁護士4人が手分けして、7カ所の一時保護所を、それぞれ毎月1回ずつ平均5時間訪問して調査し、子どもや職員の話を聞き、一緒に食事をするなどして生活状況も観察しました。

意見書では、一時保護所によって実情は少しずつ異なるものの、私語禁止や会話を制限するなどのルールを課すほか、子ども同士が目を合わせることまで禁じる指導をしているところがあると指摘しています。「どのルールも管理思考で、子どもの人権擁護の視点に欠ける」としていて、その通りだと思います。

また、ルールに反した子どもに対して、壁に向かって食事をする、廊下の衝立の中で辞書を書き写す、体育館の中やグラウンドを何周も走る、などが強いられていて、「ルール違反に対する指導の名の下に罰を与えているとしか言えない」などの指摘をしています。

入所率が、学齢男子で150%、女子で138%と定員超過になっていて、職員が不足していることもあげられています。一時保護所内での子どもたちの処遇については、各地で問題が指摘されていますが、第三者の立ち入りが極めて難しいため、これまで具体的な問題点が明らかになっていませんでした。

東京都では、昨年度から一時保護所についての第三者委員制度を導入していて、その調査結果が明らかにされたのですから、それをいかして、辛い状況にあった子どもたちが、保護された場所で、さらに人権侵害の扱いを受けることがないように、自治体、国は取り組んでほしいと思います。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。