記事

仕事で上を目指すための意外なマナー4選

「電車の座席では脚を組まない」とか、「電話口では自分から名前を名乗るのよ」とか。当たり前のことほど注意してもらえないのがわれわれ大人。だからこそ、自分で自分を戒めるマナー心(ゴコロ)を大事にしたい。今回は、「それもマナーなの?」と意外に思ってしまいそうな4つのことをお伝えします。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Rattankun Thongbun)

■“美しくいること”が大人のマナーである理由

あなたにとって美しいとはどういうことでしょうか? 生まれつきの顔立ち? スタイル? もちろん間違いではありませんが、マナーとしての美しさを考えたとき、それはまず「身だしなみが整っていること」を指します。

いつもと同じメンバーで仕事をしているとつい、緩みがちになる身だしなみですが、身なりを整えることは心を整えることにつながり、また、仕事相手へのリスペクトにもなります。

スーツにシワ、寄っていませんか? 靴のかかと、磨り減っていませんか? ストッキングの足首周りがたるんではいませんか? 朝の忙しい時間にそれらの“ちょっとしたこと”をチェックするのは億劫かもしれませんが、見た目と同時に心が整うぶん、そのあとの仕事の効率が上がります。そもそも、「こんな上司と一緒にいるなんて恥ずかしい」と部下に思われるなんて問題外。

「外見だけで仕事がうまくいったら苦労しないよ」、なんて言っている人ほど、実は身なりの大切さに疎い証拠。細かいところの緩さほど、他人の目には強調して映っています。

■“そんなこと”ほど大切にする、ちょっとの習慣

マナーとしての美しさの2つめは、その佇まいにあります。

話を聞いているときの目線、挨拶をするときの手元、会議をしているときの背筋。常に忙しいPW世代です、“そんなこと”になりふりかまわず働く場面もあるでしょうが、ふと余裕ができたときに少しだけ意識してみて。

ほんのちょっとの意識がやがて習慣となり、あなたの立ち居振る舞いとして自然に定着したとき、美しさは無意識のうちにそこにある品格として、醸し出されるものになります。その日々の習慣から成るゆるぎない美しさは、声を大にしなくとも、あなたの意見に信頼感を与え、存在自体が尊重されるように。

美しくあるというマナーは、周りの人のためであり、自分のためにもなるのです。

■便利な言葉はときに乱暴!

3つめは、言葉使い。

「美味しい」も「素敵」も「どうしよう」も「すごい」も。なんでも「ヤバイ」で片付けてしまうPW世代はさすがにいないと思いますが、そのときその場面で、ふさわしい単語を選ぶこと。乱暴にすべてをひとくくりにせず、的確な言葉を美しく使うこともひとつのマナーです。

そのためには日ごろから読書をしたり、話し相手に自分の気持ちがより伝わるよう、語彙力を高める努力が必要です。けれど、言葉は膨大な情報やどこまでも広がる感情をスパッと切り取る鋭利な刃物のようなもの。それを正しく使いこなし、美しく収めることもまた、大人が極めるべきマナーなのです。

■その場を楽しむために絶対不可欠なT.P.Oのマナー

最後にお伝えするのは、T.P.Oを守ることの大切さ。

シーンによって、その場その場でふさわしく振舞う姿もまた、美しさそのもの。たとえば大切なプレゼンには信頼感の置けるスーツでキビキビと。仲のいい友だちとのお茶には、着心地のいい極上のニットで気兼ねなく。また、パーティーやイベントにはその時間を華やかに彩るようなドレスで……など、大人と呼ばれる年齢であれば、そろそろある程度の振り幅にも対応できる女性でいたいですよね。

そして、特別なイベントのために服や靴を新しく用意するもいいですが、慌てて着慣れないもので赴くよりも、愛のある手持ちのお気に入りを、予定次第でアレンジするのも美しいあり方のひとつ。せっかくのイベントに集中して楽しむことはとても大切。そのためにも事前にバタバタしないよう、準備の時間から堪能できたら理想です。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kokouu)

身だしなみ、佇まい、言葉遣い、そしてT.P.O。

マナーとしての美しさは、なんでもない日常の在り方から。普段見えない部分がにじみ出てしまうのもまた、誰も注意してくれない大人のマナーの怖いところです。

----------
乙部 アン(おとべ・あん)
執筆家
会社員として勤務した後、女性誌の編集者を経て執筆家に。 現在ブログ「ANNE MAGAZINE」にて、 大人の女性に必要なファッション情報を発信するほか、 パーソナルスタイリングやセミナー等も開催。
----------

(執筆家 乙部 アン 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「ビジネスマナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。