記事

参議院議員選挙(2)─やはり大きなかたまりが必要

参議院議員選挙が終わり、立憲民主党の両院議員総会で当選者が紹介されました。私もオブザーバーとして出席しましたが、立憲民主党として17人増え、当選者は大きな拍手をもって歓迎されました。

ただし、大阪や京都、兵庫などで当選を果たすことができなかったことは残念なことで、手放しで喜べる状況ではありません。国民民主党も予想されたこととはいえ、6議席の獲得に留まりました。その中で、話題を集めたのが、れいわ新選組で、例えば東京都選挙区における比例の投票では8%を確保しました。

全体として48.8%(選挙区)という低投票率に終わったことを考えると、安倍自民党に期待はできないが、既存の野党にもそれ以上に問題があると考え、投票に行かなかったり、新たな勢力に投票したというのが、多くの有権者の思いだったのではないかと受け止めています。

立憲民主党と国民民主党は、1人区では協力する形はとりましたが、本当に一体となって選挙運動ができていたかは疑問です。連合も、全体として協力いただいたものの、選挙区選挙について距離を置いた組合もありました。それらを肌感覚として感じた有権者が、投票に行かなかったのではないかと推測しています。

衆議院総選挙は、今回の参議院議員選挙の1人区選挙以上の結束が求められます。そうでないと、小選挙区で自民党に勝つことはできません。しかも、政権選択の選挙ですから、立憲民主党と国民民主党が大きなかたまりとなって国会で活動し、選挙も一体でできる体制が必要なことは、今回の参議院議員選挙で、より明らかになりました。

いつ衆議院総選挙があるか分かりません。私も1年前と比べ体重を8キロ減らしたこともあり、ポスター用の写真を今週撮り直したところです。両党の執行部には、緊張感と大局観を持って様々な決断がなされることを強く期待しています。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。