記事

カニエ・ウエスト主催の日曜礼拝、聖歌隊によるニルヴァーナのカバー映像が公開

カニエ・ウエストがサンデー・サービスでニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」をカバー

カニエ・ウエストが主催する教会イベント、”サンデー・サービス(日曜礼拝)”の最新パフォーマンスでウエストの聖歌隊がニルヴァーナの「カム・アズ・ユー・アー」と「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」に高揚感あふれるキリスト教的なタッチを加えた。

白いコスチュームを着た聖歌隊が輪になり、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』に収録されている「カム・アズ・ユー・アー」のメロディーにあわせて「悔い改めよ/あとは彼に任せよう/キリストが降臨されたのだから」と歌っている。その後、聖歌隊は同楽曲で何度も登場する「メモリア」という言葉を「ハレルヤ」に変えて繰り返す。「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の「ハローハロー」というリフレインも彼らの手にかかると「ハレルヤ」となり、コーラス部分の歌詞も「輝ける光で我らを照らしたまえ!」となるのだ。

以前、バンドの長袖Tシャツを着ているところを目撃されたこともあるウエストは、誰もが知るところのニルヴァーナファンだ。コートニー・ラブは2019年の初夏に1度、ウエストのサンデー・サービスに参加しており、2018年にはウエストとラッパーのキッド・カディに楽曲「Cudi Montage」でコバーンを描いたドキュメンタリー映画『モンタージュ・オブ・ヘック』のサウンドトラックに収録されているデモ曲「Burn the Rain」をサンプリングする許可も与えている。「あんたが俺のことを好きか嫌いかはさておき、俺は伝説になる」とウエストがかつてインタビューで豪語したことは有名だ。「俺はジム・モリソン、そしてカート・コバーンの再来だ。聖書には20、30、40、50もの人物が登場する。現代の聖書に俺が登場しないなんて、あり得ない。」

2019年1月にサンデー・サービスを開始したウエストは、これまでにノー・ダウトの「ドント・スピーク」などのカバーを披露してきた。4月には、コーチェラ・フェスティバルでも特別なサンデー・サービスを主催している。


聖歌隊によるキリスト教版「カム・アズ・ユー・アー」と「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」

Translated by Shoko Natori

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。