記事

障害当事者だから、厚生労働委員会へ配属を?「合理的配慮」濫用への違和感

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員/東京都選出)です。

国会開会初日を前にして、重度障害者である国会議員が2名誕生した参議院は大きく動いています。

重度障害 議員活動中の介護サービス 当面は参院が費用負担へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190730/k10012014771000.html

とりわけ論点に上がっていた、「介護サービスが使えない」という点については、参議院が当面負担する(≒税金で負担する)ということが議院運営委員会で決定されました。

これに対して維新は「反対」を表明し、私も同意見です。

理由については東とおる参議院議員が述べている通りで、国会の役割はまさに制度を変えていくことです。

まだ多くの障害者の方々が同様の制度の狭間で悩んでいる中、国会議員だけが特権的・例外的にサービスを受けることは適当ではないと考えます。

「まずは隗より始めよで、国民の代表たる国会から変わるのは良いことだ」
「できる部分から始めなければ、何も変わらないではないか!」

というご意見もありますし、それも一理あるとは思います。

ただ国会議員の歳費は年収2千万円を超えており、活動をサポートするための文書通信交通滞在費が月100万円(!)支給されます。

様々な事情はあれど、各国会議員はこうした収入の中から人件費などをやり繰りして、政治活動を行なっているわけです。

一般から見れば目玉が飛び出るほどの待遇を約束されている国会議員に対して、さらに特例的にサービスを認めることは不適当ではないでしょうか。

ただすでに、参議院議院運営委員会で「特殊ルールを認める」と決められた以上は、制度そのものの改正を急ぐことに全力を挙げなければなりません。

報道によると、れいわ新選組の当事者お二人も、「参院が負担する」というその場しのぎの対応には否定的とのこと。

おそらく他の会派もそのつもりで今回の特例を認めたのだと思いますが、一刻も早く制度を改正して、特権的な状態を解消し多くの障害者にサービスを提供することがいま参議院に求められる最大の役割です。


(写真は車椅子調査隊に参加した際のもの)

今回の対応に反対した維新も当然のことながら、障害者が活躍できる環境づくりに反対しているわけでは決してありません。

国会議員だけが特権的にサービスを受けられる状態の早期解消に向けて、全力で努力をして参りたいと思います。

あわせて読みたい

「れいわ新選組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。