記事

八村塁、マイケル・ジョーダンに電話するも緊張で「何も覚えてない」

写真:AP/アフロ

 バスケットボールの八村塁選手が、7月28日放送の『情熱大陸』(TBS系)に出演した。

 6月に日本人として初となる、NIKEの「ジョーダン」ブランドとの契約を果たした八村。番組で、密着スタッフから「マイケル・ジョーダンと会ったことはありますか?」と聞かれ、「会ってないです。でも契約する前に電話はしました」と回答し、「『Welcome Jordan Family』って言われて。びっくりしました」と感想を語る。

 相手はバスケットボール界のレジェンドだ。スタッフが「緊張しませんでした?」と質問すると、八村は「緊張どころじゃなかったですね。もう何がなんだかわからなかった。サンキューだけしか言えなかった。(ジョーダンから)いろんなことを言われたんですけど、もう全然わからないくらい覚えていない」と明かしていた。

 契約に際して、NIKEの公式サイトでは社長のクレイグ・ウィリアムズ氏が、八村について「彼はすでにコートで活躍した実績があり、それは彼が世界でヒーローとなるプロセスでもある。コートやそれ以外でも発揮される彼の強い個性と成熟が、私にとってとても印象的だ」とコメントしている。

 ちなみに、もともと少年野球に打ち込んでいた八村がバスケを始めたのは中学生のときだが、八村をバスケ部に誘った恩師・坂本穣治氏は週刊新潮(7月4日号)のインタビューでこう明かしている。

「バスケ部に入ってからは、常にNBAの話題を振り、マイケル・ジョーダンらの映像を見せた。それで塁の心の中でもNBAへの夢が膨らんだのでしょう。中学卒業時には“NBAに行く”と豪語するようになっていました」

 八村は7月22日に行われたイベントで、NBA1年めの抱負を聞かれ「ウィザーズはトレードをしていい選手が集まってきている。まずはプレーオフに出られるように、シーズンを通して、一試合一試合の中でどれだけ僕が勝ちに貢献できるかを目標としている」と明かしている。

あわせて読みたい

「八村塁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  5. 5

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  6. 6

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

  7. 7

    優れた人が性癖で失敗する難しさ

    文春オンライン

  8. 8

    周庭氏が生配信 逮捕の恐怖語る

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  10. 10

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。