記事

輸出環境の「悪化」示す指標は再び増加、経済下振れリスク=日銀


[東京 31日 ロイター] - 日銀は31日、7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の全文を公表し、足元の輸出環境の「悪化」を示す指標が、再び増加したことを明らかにした。ただ、ITサイクルの「悪化」シグナルは消え、一方向で悪化を続けているわけではないことを示唆しているとも指摘した。日銀では、輸出の弱めの動きが長期化することで、日本経済の成長率の下振れにつながるリスクはなお大きい、との見方を示している。

日銀が開発した輸出環境の変化を観察するツールである「SCOPE」で分析した。日本の実質輸出の落ち込みに対して予測可能性が高いとみられる18指標で構成されており、今年1月の展望リポート全文から結果を公表している。

最新の分析によると、変動が一定範囲よりも下振れ、輸出環境の「悪化」を示した指標は、6月時点で「グローバル製造業PMI、新規輸出受注指数」「OECD製造業景況感指数」「世界自動車販売台数」「じぶん銀行日本製造業PMI、新規輸出受注指数」「機械受注外需、電子・通信機械」の5つとなり、今年3月の5つから4月には3つに減少したが、再び5つに増加した。

グローバルな製造業のマインド指標や資本財関連指標が悪化しており、15─16年に中国の金融市場の混乱などをきっかけに新興国経済が減速した、いわゆる「チャイナ・ショック」時を上回る状態が続いている。

ただ、5月は「悪化」を示していた「WSTS世界半導体出荷額」は悪化シグナルが消え、「ITサイクルが足元にかけて一方向で悪化を続けているわけではない」としている。

企業に対するヒアリングでは、米中貿易摩擦の長期化を懸念するところが増えているという。特に、資本財や情報関連という日本が輸出で高いシェアを持つ分野での影響の長期化リスクを指摘する声が増えており「輸出の弱めの動きが想定以上に長期化し、日本経済の成長率の下振れにつながるリスクはなお大きい」との判断を示している。

(清水律子)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  5. 5

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  6. 6

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  7. 7

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  10. 10

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。