記事

日韓対立で市民レベルの交流も次々延期

徴用工問題をめぐる日韓の対立が、エスカレートしています。

先日は、多くの国が集うWTO(世界貿易機関)の会合で、韓国と日本が言い争いました。自由貿易を守るための重要な枠組みの会合です。

韓国が日本による輸出規制強化を取り上げ、不当だと主張しました。日本は反論し、かみ合いませんでした。

日本は、半導体材料の措置に続いて、韓国を、安全保障上問題のない国として扱う「ホワイト国」から外す手続きを進めています。韓国にとっても、日本にとっても、経済の足を引っ張ることになり、展望も開けない中、懸念が広がります。

また、駐日韓国大使に対して、河野外相が、徴用工問題での大使の発言を遮り「極めて無礼だ」とメディアの前で言ったことも、冷静な対応とは思えません。

日米韓の関係は、安全保障上も重要です。何とか、話し合う機会をもって、冷静に対応してもらいたいと思います。

そうした中、長崎県や福岡市などとの交流事業について、韓国・釜山市は、「日韓関係が発展的に改善するまでの間、延期したい」と連絡してきた、とのこと。

また、岐阜県大垣市では、28日から予定していた韓国・昌原市とのサッカー交流が韓国側からの申し入れで延期になりました。

昨年は、大垣市の子どもたちが3泊4日で韓国を訪れるなど交流は長年続いていたそうで、担当者は「率直に言って残念。子どもたちや保護者も残念がっている」と話した、と報じられています。

静岡県御殿場市も、8月上旬に友好都市の韓国・論山市から高校生13人を受け入れる予定が延期になりました。奈良県天理市でも、姉妹都市の韓国・瑞山市へ中学生8人を派遣する交流事業を取りやめると発表しています。

国同士の関係が改善されることが望まれますが、政治状況に関わらず、市民レベルでの交流は続けていくべきだと思います。それぞれの国の国民同士は、けんかをしているわけでもないのに、長年積み重ねてきた市民の交流が延期になっているのは残念です。

もっと広い気持ちで、国の交流の基盤になる市民同士の交流、特に子どもたちの交流を大事にしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。