記事

みんなの党・渡辺喜美氏をも飲み込む「N国現象」を生んだ民意とは。

1/2
BLOGOS編集部

私は普段からネットニュースしか見ないが、おそらくここ数日、ネットだけでなくお茶の間も賑わしているであろう話題の一つに「NHKから国民を守る党(以下N国)」の躍進と、党代表の立花孝志氏の存在があると思う。

ご存知の通り、N国は先の参議院選挙で約99万票を得て1議席を獲得、得票率2.0%を超えた事によって政党要件を満たした。現時点で、政党要件を満たした政党は9つしかなく、立花氏はその代表の一人ということになる。

多くの人は、Youtubeで300万回以上再生されている過激だがクスッと笑える政見放送の映像を見て知ったか、選挙結果の報道や、いわゆる「戦争発言」をきっかけに日本維新の会を除名された丸山穂高衆議院議員が入党するという昨日のニュースで関心を持たれたのではないだろうか。

そして、本日、旧みんなの党代表であり第一次安倍政権下で行政改革担当大臣の経験もある渡辺喜美氏が立花氏とともに参院会派「みんなの党」を結成するという事が記者会見で明らかにされた。

これまでのN国や立花氏の活動を知らない人にとっては、低い投票率も相成って、何だかよくわからないおかしな人がたまたま当選しただけと思っているかもしれないし、一部では、民主主義の劣化や有権者の知性を疑う言説も散見される。

しかし、表層的なイメージや感情だけでN国にまつわる一連の現象(以下、N国現象)や立花氏を評価すると、その背景にある民意や人々の潜在的要請を見誤ってしまうだろうし、よく見てみると、N国現象や立花氏の言動から学ぶべき事が多々ある事に気がついたので、以下、私見を述べる。

立花氏が体現しているのは実は「NHKをぶっ壊す!」ではない

まず、立花氏が体現しているもの(=一部の人々が意識的・無意識的に共感する理由)は実は「NHKをぶっ壊す!」という事ではないと私は考えている。これは「アベ政治を許さない」と言っている人たちと対照的だと思う。

大衆との共通言語として「NHK」という記号を用いているが、彼の言動を見ていて支持者が生まれる大きな要素は「嘘をつかない」という姿勢にあると思う。非常に「正直」なのだ。

一般的な政治家が弁論術を磨き、それが詭弁にまで至る事が多々ある中で、裏表なく自分の気持ちに正直に自分の言葉で話している(ように見える)政治家は少ないように思う。

そもそも、ただでさえ複雑化した社会やそれを構成する諸制度を全て理解することは難しく、それらを含む森羅万象を自分の言葉で語ることは不可能だろうし、長く権力闘争の場にいれば良くも悪くもしがらみが生まれる。その結果、自然と政治家の言動から「正直さ」が失われていく。国民が無思慮に政治家や時の政府に完全性を求めてしまう事も一因だろう。メディアにも問題があるかもしれない。

その中で、立花氏は自身の考えや戦略、弱みなどを意図的に見せているように感じるし、人々に自身が発したい情報が正しく伝わるように配慮しているように見える。それも全て自分の言葉でだ。それができる立場・環境を戦略的に作っていきたとも言えるだろう。

あわせて読みたい

「NHKから国民を守る党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。