記事

高齢者にハイリスクの投資を持ちかける金融業界に識者が苦言「売るならお客さんのことを考えて売って」

強迫観念じゃないです

うまい話には気をつけたい

「老後資金2000万円」という金融庁の試算を受け、資産形成に関心を持つ人が急増している。ただ、資産形成をアドバイスする"金融アドバイザー"が、手数料や信託報酬を稼ぐために高コストな商品を売りつけるケースが出ており、高齢者の被害が相次いでいるようだ。

7月25日「モーニングCROSS」では、作家の江上剛氏がこのような被害に遭う人を無くすためのアイデアを語った。(文:石川祐介)

銀行や保険会社は収益が悪いから、リスクの高い商品を売っている

銀行や保険会社は手数料をほしいために、手数料の高いハイリスクな商品を積極的に販売しているようで、江川氏は「手数料がどれくらいなのかを消費者にわかるようにすべき」と提案する。手数料とリスクは相関があるため、手数料が開示されると、消費者もその商品のリスク度がわかるというわけだ。

続けて、契約したら一切フォローをしないケースも少なくないため、「半年後はこうなっていますよ」「今契約するとこうなりますよ」と契約後にきめ細かなフォローをすることの必要性を語る。そして、良い情報ばかりを伝え、悪い情報は一切教えない販売員も一定数いるため、中立的な視点で助言するアドバイザーの育成と斡旋も充実させるべきと話した。

「銀行や保険会社は収益が悪いから、リスクの高い商品を売っている」

自社の利益のため、「現在の貯金額では大変なことになりますよ」と高齢者の不安を煽って、高い手数料の商品を売り込んでいる現状に警鐘を鳴らし、「売るならお客さんのことを考えて売ってほしい」と語気を強めた。

ネット上では「金融業者に良心を求めても無駄だよね」と苦言を呈す人や、「国がしっかり年金払ってれば済む問題なんだけどな」と国の年金制度自体を問題視する声も見られた。

金融業界の食い物にされる高齢者は少なくないようだが、残念ながらこういったケースはあらゆる業界で見られる。金融業界も国と一体となって対策をしていかなければいけないだろう。

あわせて読みたい

「金融業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。