記事

独消費者信頼感指数、8月は9.7に低下 17年4月以来の低水準=GFK


[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した8月の独消費者信頼感指数は9.7で前月の9.8から低下した。指数の低下は3カ月連続。世界的な景気減速や貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感を背景に、雇用や所得に関する懸念が高まった。

調査は約2000人を対象に実施した。

8月の指数は2017年4月以来の低水準で、市場予想と一致した。

GfKの調査担当者ロルフ・ビュルクル氏は「米国との貿易戦争、ブレグジットを巡る問題、世界的な景気減速が引き続き、リセッション(景気後退)懸念につながっている」と指摘。自動車・部品セクターなど輸出に依存する業界で働く消費者が最も打撃を受けていると述べた。

経済の見通しを示す指数はマイナス3.7と、平均のゼロポイントを2016年3月以来初めて下回り、2015年11月以来の低水準となった。

購買意欲に関する指数も悪化し、約4年ぶりの低水準を記録した。

ビュルクル氏は「消費者信頼感を脅かしているのは主に、失業を巡る懸念の持続的な高まりだ」と指摘。このトレンドが続いた場合、今後数カ月に家計支出が圧迫される可能性があるとの見方を示した。

消費者の所得の見通しを示す指数は、低下した前月から上向いた。連立政府が公的年金の支払い額を7月から引き上げる案を承認したことを受け、年金受給者の所得が増加したことが一因とみられる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  10. 10

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。