記事

【読書感想】苦しかったときの話をしようか

1/2

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
作者: 森岡毅
出版社/メーカー: ダイヤモンド社
発売日: 2019/04/11
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

苦しかったときの話をしようか
作者: 森岡毅
出版社/メーカー: ダイヤモンド社
発売日: 2019/04/11
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
「何をしたいのかわからない」「今の会社にずっといていいのか」と悩むあなたに贈る必勝ノウハウ。
悩んだ分だけ、君はもっと高く飛べる!
USJ復活の立役者が教える「自分をマーケティングする方法」。
後半の怒涛の展開で激しい感動に巻き込む10年に1冊の傑作ビジネス書!

 経営危機に陥っていた、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)をV字回復させた著者が、自分の子どもに向けて書き溜めていたという「よりよく働くためのアドバイス」を書籍化したものです。
 本来は外に出すつもりはなかったそうなのですが、他の原稿の相談にきた編集者の目に留まって出版することになったのだとか。

 著者の『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』は、マーケティングとアイディアの力を思い知らされ、また、読み物としても面白かったので、この『苦しかったときの話をしようか』も手にとってみました。

 正直、この本の前半部は「あまりピンとこなかった」のです。
 というか、こんな身も蓋もない話をされても、娘さんも困るんじゃないか、とさえ思いました。

 東大生の親は世帯所得の平均値が高いことがデータとしてよく使われる。格差が世代を超えて連鎖して増幅している1つの論拠として挙げられるケースが多い。私も裕福な家庭で育った訳ではないので、情緒としては言いたいことはわかる。裕福な家庭だから恵まれた教育を施せる、知性を高めるのに有利だから東大に入りやすい、つまり不公平だと言いたいのだ。

 そして表層的な友愛論者はこういう。「貧しい家庭に広範囲に経済支援や福祉をもっと手厚く充実させなければ、経済格差が教育格差となり、世代間の貧困の連鎖に拍車がかかる!」と。確かに経済格差は子供にとっては不公平であり、世代間の格差の連鎖を加速する要素ではある。
 しかし、実はもっと不公平で残酷な問題がある。それは経済格差よりも、異次元的にどうしようもない、埋めようがない残酷な格差。それは生まれつきの「知力の格差」である。

 東大生の親の平均世帯収入が多いのは、本当は東大生の親の「知力」が高いからだ。知力の高い人が社会で成功して、似たような知力の高い相手と結婚し、その世帯が高い知力もおかげで平均よりも稼いでいるに過ぎない。その子供も親の遺伝子のおかげで知力が高く生まれる可能性が高いということだ。

 高収入によって後天的に恵まれた教育環境がその子供にとってプラスなのは間違いないが、それは副次的であって本質的ではない。生まれつきがどんなにボンクラでも、最高の家庭教師が教えれば東大に入れる訳ではないことを考えれば理解できるだろう。むしろ本当に頭が良ければ、これだけの奨学金のオプションもある社会では、苦学をすれば国立大学には入れるし、卒業もできる。現にそういう人はたくさんいる。

 経済格差は、原因ではなく、知力の格差がもたらした結果に過ぎない。

 橘玲さんかと思った……

 もともと「身内向け」に書かれたものとはいえ、ここまで「選民感」に満ち溢れた文章を読むと、USJのことまで嫌いになりそうです(ちなみに、著者はもうUSJを退職しています)。
 ただし、著者はものすごく頭が切れ、創造的な仕事をすることに向いている一方で、他者とのコミュニケーションでうまくいかないことが多かった、とも告白しているのです。

 私は20代の半ばに自分自身をブランド化することを思いついた。最初から不安や緊張を解消する目的で始めたわけではない。社交性に欠ける自分が、周囲から市民権を得やすくするために始めたのだ。

 君もよくわかっているとおり、世間の常識から見ると私はかなりの”変人”である。世間と折り合いをつけるのは子供のときから難しかった。自分が良いと思うことをやればやるほど、世間と衝突し、世界は私に罰を与え続けた。私のポジティブな意図が周囲にはなかなか理解されない、そういう星に生まれついている。私は空気を読むのも得意ではない。珍しく空気が読めていたとしても、その空気に従うことはもっと苦手だ。

 P&Gの14年間で、最後の上司から言われた最大の改善点は、最初の上司から言われたものと全く同じ「人と仲良くすること」であり、それは小学校の担任が通信簿に書いたことと全く同じだった。「人と仲良くすること」は私の人生の目標にはなりえないので仕方がない。
 私の母親は幼少期の私を「非常識!」と非難したし、小学校から私を知っている君の母親も「もう、昔からずっと社会性がない!」と昨晩も私を非難した。もはやつける薬はない。

 そんな私がP&Gでの忙しい日々、多くの人を巻き込みながら働く中で苦労したのは想像に難くないだろう。相手に好かれるために、あるいは自分の評価を高めるために、誰と話すにも相手に気を遣って向き合って、自分をカスタマイズして見せることはとても難しかった。
 その弱点が随所に自分のキャリアに災いすることを頭ではわかっていたが、人に合わせることがもともと苦手なので、そういう努力に時間や精神力を割くことは非常に面倒に感じて苦痛だった。どれだけ私が気を遣って努力しようが、どうせ上手くはならない。それがイノシシの習性であり、同時に良さでもあるから難しいのだ。結局は、私は目的のために遠慮なく人と衝突することを選ぶだろう……。

 この本を「生存者バイアス」や「成功者の自慢」と受け取るか、「コミュニケーションに問題を抱えた人間が、自分にとって生きやすい場所をつくるための試行錯誤」と考えるかで、大きな違いが生まれてくるはずです。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  4. 4

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  5. 5

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  6. 6

    舛添氏 小泉環境相の発言に懸念

    舛添要一

  7. 7

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

  8. 8

    韓国でK-POPファンに売春を強要

    文春オンライン

  9. 9

    進次郎氏の謝罪に元官僚「喝だ」

    AbemaTIMES

  10. 10

    池袋ラブホ遺体 圧縮袋用意の謎

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。