記事

「あと1勝」に泣く高校野球"悲願校"物語 経験の差で予選を勝ちきれない

1/2

 夏の甲子園を目指して各地で熱戦が繰り広げられている。出場校の陰には、毎年惜しいところで涙をのむ地元の強豪「悲願校」が存在する。全国47都道府県の「悲願校」の物語には、高校野球ファンならずとも胸が熱くなるドラマが秘められている――。

※本稿は、田澤健一郎『あと一歩! 逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Drew Bloksberg)

悲願校の悔しさを知ってもらいたい

 「悲願校」とは高校野球界で「甲子園出場の一歩手前で何度も敗退」「秋春は強いのに、甲子園がかかる夏には弱い」「地元では強豪として知られているが、甲子園には縁がない」といった甲子園未出場校のこと。「甲子園出場が悲願」であり続ける高校を指す、私が名づけた造語です。いくら各都道府県で結果を残しても、甲子園に出ない限り、どんなにいい試合をしても、野球ファンの間でも知名度は上がらない。私はそんな実力がありながら悲運に泣いてきたチームを全国の皆さんに知っていただきたいと思ったのです。

 甲子園で敗戦し涙にくれる球児の姿はおなじみだが、彼らはまだ恵まれています。甲子園の土を踏めたのだから。それよりも、甲子園を目前に地方大会の決勝や準決勝で敗れたチームのほうが、悔しさは数倍のはず。そんな経験を幾度となく繰り返してきたのが「悲願校」なのです。勝者の陰には敗者が必ず存在する。彼らの姿もぜひ知っていただきたいと願います。

悲願校の代表的なタイプは2つある

 第一に挙げられるのが「甲子園出場の一歩手前で何度も敗退」する高校。次に挙げられるのは「秋と春は強いのに、甲子園がかかる夏になると弱い」タイプ。春季大会は、勝ち進んでも都道府県大会の次にある地区大会までで、ここで勝ち残っても甲子園にはつながりません。また、センバツにつながる秋季大会も、都道府県大会で優勝したからといって、甲子園に直結するわけではありません。その先の地区大会で相応の結果を残すことが求められます。

 一方、秋や春は序盤で敗退して強そうに見えなくても、夏の予選に入ると俄然上位進出を果たし、時には甲子園出場も決める「夏将軍」的な高校も存在します。こうした高校は、甲子園出場経験が豊富な強豪校に多く見られます。「悲願校」の場合、戦力的に優れていても、準備や試合運び、メンタル等の面で、秋や春のように実力が発揮できず、夏には勝ちきれない。経験の差が、「悲願校」から脱出できない大きな理由といえるのです。

3度の決勝で3度サヨナラ負け「稚内大谷」に注目

 では、具体的に高校を挙げてお話しします。北海道を代表する悲願校といえば、北北海道大会を戦う稚内大谷。学校が属する名寄支部は、北海道で唯一甲子園出場校がない地区です。支部内どの学校が出ても「日本最北地区」出場記録更新となります。野球が盛んな土地柄にあって、稚内大谷が北北海道大会で8強以上まで進出した回数は10回以上。名寄支部では無敵を誇っていました。

田澤健一郎『あと一歩! 逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』(KADOKAWA)

 彼らがもっとも甲子園に近づいたのは、1980年、81年、93年の3回です。いずれも北北海道大会で決勝に進出したときのことでした。「夏に3度の決勝敗退」はほかの地区でもある話ですが、彼らの悲運は、3度がすべてサヨナラ負けだったこと。80年は、旭川大高と激突しました。稚内大谷は2点を先制されるも8回に追いつきます。しかし、9回にサヨナラ打を浴び1点差の敗戦。7回以外の全イニングで走者を出しながら、あと一本が出なかったのです。

 続く81年の相手は帯広工。前年同様、先制されるも追いつき、延長戦にまでもつれ込んだ11回裏、一死満塁のピンチを迎えます。ここで帯広工がスクイズを仕掛けるも、バッテリーが見抜いて投手がウエストします。三塁走者を三本間で挟みピンチ脱出かと思われましたが、なんとキャッチャーが走者にタッチしたはずみで落球し、走者がホームインしてサヨナラ負け。まさに地獄から天国、また地獄。

いつか聖地を踏む日は来るのか

 三度目の正直を期して臨んだ93年夏の相手は、80年に苦汁をなめさせられた旭川大高。8回裏に稚内大谷が1点を先制し、9回裏を迎えます。この回を抑えれば初の甲子園。走者を二塁まで進めましたが、2死まで旭川大高を追い込みます。あと1人で甲子園。相手打者の打球がセカンドへ飛ぶ。ついに悲願達成かと思われた瞬間、歓喜の声は悲鳴へと変わりました。セカンドがゴロを弾き、焦ってサードへ送球した球が逸れて二塁走者が生還。試合は振り出しに戻ったのです。10回裏、1死から出した走者を二塁に進められた後、相手打者のショートゴロが内野安打となる間に二塁走者がホームイン。決勝3度目のサヨナラ負けとなったのでした。

 あと少し、あと1球で目の前から遠ざかり消えていく甲子園。これならば、まだ大差で負けたほうがあきらめがつくと思うような決勝敗退。これ以降、稚内大谷に夏の北北海道大会での決勝進出はありません。しかし、いつか聖地を踏む日が訪れたならば、最果ての街には計り知れない歓喜の涙が流れるはずでしょう。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  8. 8

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。