記事

万年野党の地位に安らぎを覚える立憲民主党のお粗末な実態 ー参院選で躍進できないのは自明の理ー

1/2

 参院選、自民党は議席を減らし、野党勢力は立憲民主党を中心に議席を伸ばしたものの、なんとなく勝敗のはっきりしない、白黒のつけにくい結果となった。しかも、自民党も立憲民主党もあまり結果に触れられたくないようだ。

 そもそも自民党は議席減を織り込んでおり、今回の9減というのは想定の範囲内といったところだろう。そうであれば意外と減らなかったし、獲得議席の目標ラインも「与党で改選過半数」とハードルを下げておいたので、まあなんとなく勝ったことにしておいて、後は話題を憲法改正の方にもっていってしまおう、そんなところか。今後の内閣改造がどうなるのか等、気になるところであるが、まあその話は別の機会に譲るとして、ここでは立憲民主党はどうだったのかということについて、考えてみたいと思う。(立憲民主党はどうでもいいなどとおっしゃるなかれ。立憲民主党、数は別にして野党筆頭、野党第一会派であり、彼らの動向は国会の審議に大きく影響を与えうるし、与党自民党を活性化する、政策の質を上げるという意味でも知っていて損はない、否、知っておくことは重要である。)

立憲民主党にとって大きな機会喪失だった今回の参院選

 立憲民主党にとっての今回の参院選を勝手に総括すれば、議席拡大、勢力拡大の絶好の機会を見事に逃した、といったところだろう。

 議席を倍増させたのだから十分勢力拡大が出来たのではないか、と思われがちなのかもしれない。確かに議席は改選前と比べて増えたことは確かだ。しかし、もっと拡大出来たはずだったのに、それが出来なかったということなのである。

 今回の選挙、自民党公認候補の中には落選確実とされる候補が何人かいたようであるし、そもそも一人区での野党共闘の成立は大いなる脅威であったようだ。それならば、落選確実候補を確実に落選させる戦略を考えればいい話であり、そう難しい話ではなかったはずである。しかし、敵に塩を送るがごとく、落選確実候補を当選へと導いてしまった。そして全国比例でも、目玉と目された候補が落選する等、期待したほどの成果は得られなかったと言っていいだろう。得票数ベースで見ても、結党直後の前回の衆院選と比べて300万票以上減少している。議席数は一応は増えたものの、得票数は減少、失速感が否めない状況というのは、筆者からすると6年前の参院選後のみんなの党を彷彿とさせる。

 では、なぜそのようになってしまったのか。その背景としては、拙稿「年金や消費増税も中途半端、参院選の争点がスッキリしない理由」で解説した点に加え、候補者選定の問題、選挙区の割当ての問題、そして党内の勢力争いの格好の機会として参院選が使われてしまった問題、これは好き嫌いで物事を考えるという旧民主党の悪い癖がモロに出たという問題とも言えるが、そうしたものがある。(6年前のみんなの党の状況も、ある意味で酷似していると言えば酷似している。)

候補者選定で失敗した立憲民主党

 まず、候補者選定の問題。これは説明するまでもないかもしれないが、タレント候補や、具体的な政策よりもパリテなる考え方に基づいて立てた女性候補たち・・・真面目に愚直に活動するよりも人寄せパンダで話題作り、人気取り、票集め、か?立憲民主党結党の時から考えると、およそ想定も想像もできないような状況であろう。何を血迷ったのか、まさに迷走という言葉が当てはまろう。このことは有権者を遠のかせたことは間違いあるまい。それのみならず、選挙運動に動員された党職員や秘書たちの中には、選挙運動へのモティベーションを大きく削がれた者も少なくなかったようだ。選挙は挙党一致で、党所属議員、党職員、秘書、支持者等が一丸となって取り組まなければ勝利は得られない。それが、「なんでこの候補」、「この候補の応援をしなければいけないの?」といった意識が生まれれば、挙党一致体制にほころびが生じるのは自明の理である。この候補の応援には入りたくない、とりあえず顔だけ出した・・・といったこともあったようである。候補者選定で躓いて、挙党一致体制を壊してしまったということだろう。それでは勝てたはずの選挙区で見事に敗北したのも当然だろう。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。