記事

族議員の国政送致に失敗したパチンコ業界の今後

1/2
さて、前回の続きです。前回エントリをまだ読んでいない方は以下リンク先から。

パチンコ規制強化はカジノのスケープゴート?
http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino/archives/10084361.html

今回参院選で、パチンコ業界は業界の命運をかけて族議員候補を投入し、見事な大爆散を見せたわけですが、なぜこんなにも一生懸命に業界の政治介入を目指したのでしょうか。それは、来るべき風営法改正論議の為であります。

実は、政界では自民党内に設置された風営法改正PTを中心として参院選に入る前よりかなり活発な風営法改正論議がスタートしており、パチンコ業界も含めて風営法関連業界には既にアナウンスメントが行っていたのが実態。2015年に大幅改正が行われたばかりの風営法ではありますが、特に今回の規制緩和論の特徴は2015年に規制緩和の論議の対象とならなかった風営4号の緩和検討も視野に入っていることであります。

そしてこの風営4号の代表格となるのがパチンコ産業となるわけで、パチンコ業界側からはパチンコ遊技機の型式試験の適合率向上や、遊技機の開発環境の改善、またその前提となる行政当局と業界との定期的な協議の場所の設置など、既に規制緩和の具体的な要望がPTおよび、PTを通して国家公安委員会に向けて届けられているところであります。

一方、同様に風営4号の代表格となる雀荘業界からも風営法PTに対して規制緩和要望が届けられているのが現状。雀荘業界側からは、現状で深夜営業の解禁などが規制緩和要望として届けられています。この他、2015年に規制緩和の対象となったナイトクラブ業界からは、前回改正で新設された特定遊興飲食店の出店地域に対する更なる規制緩和などが要望として届けられているところです。

その様な選挙前の動きがあった上での今回の参院選であったわけですが、パチンコ業界はこれから起こる風営法改正の論議を優位に進める為に、業界全体が支援する一種の「族議員」を国会に送り込もうと画策したワケですが、予想をはるかに下回る得票で落選させてしまったわけです。

一方の麻雀業界はというと、実は麻雀業界は従前より和田政宗議員を業界団体顧問として迎えており、今回の参院選において和田議員は全国比例の得票数で党内3位という好成績で国会に返り咲くこととなりました。

また、ダンスクラブ業界は従前より衆院議員で一連の風営法改正のキーマンである秋元司議員をバックアップしてきており、こちらも強力な業界代弁者を抱えているのが現状。要は今回の参院選の結果、パチンコ業界のみが自業界の代弁者となる議員を国政に送り込むことに失敗したということになります。

当然ながらそこから発生する大きな業界不利益が予想されるわけで、パチンコ業界では既に参院選敗退によるダメージを緩和しようとする動きが起こっております。以下、パチンコ業界誌のグリンベルトからの転載。

尾立氏が都遊協理事会でお礼とお詫び
https://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00011417

理事会では阿部理事長が、選挙後に後援会役員と自民党本部を訪れたことを報告し、「幹事長からは半年足らずの期間で、もう少しのところまで善戦したとの労いの言葉をいただいた。今回の結果を真摯に受け止めて、これから自民党との関係を築いていくことを進めていきたい」と述べた。
また阿部理事長は、早期の自民党風営法議連の会合を要望し、4月に議連が出した提言書に対する対応について警察行政から回答してもらうよう求めていることを報告した。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    コロナ発症の1~3日前から感染か

    ロイター

  8. 8

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。