記事

虐待する母親は"しっかりしていない"のか

1/2

痛ましい児童虐待のニュースが絶えない。そして事件のたびに母親が糾弾される。法政大学の上西充子教授は、「『母親なんだから、しっかりしなさい』と叱ったところで、問題は解決しない。母親であっても子育てから降りられる仕組みを整えるべきだ」と指摘する――。

※本稿は、上西充子『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)の第3章「ジェンダーをめぐる呪いの言葉」の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kieferpix)

■母親ばかりが「何をしていたのだ」と責められる

虐待によって子どもが死亡する、ネグレクト(育児放棄)によって子どもが死亡する、そういう事件が起きるたびに、なぜ子どもを守れなかったのか、と母親に目が向けられる。

なぜ父親は暴力をふるったのか、なぜ父親は子どもを育児放棄したのか、とはあまり問われない。父親が暴力をふるおうとも、子どもを邪険に扱おうとも、あるいは、離別した父親が養育費を払わない状況であっても、母親には子どもを守る役割があるとして、「母親は何をしていたのだ」と目が向けられるのだ。

そんななかで、なぜ親は虐待(ネグレクトを含む)をおこなうのかと、親の側に丁寧に目を向けているルポライターがいる。杉山春だ。『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか』(小学館、2004年)、『ルポ 虐待―大阪二児置き去り死事件』(ちくま新書、2013年)、『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新書、2017年)など、「なぜ、親がそんなむごいことを」と思われる事件の背景を丁寧に取材し、著作として世に問うてきた。

■親たちに共通する過剰な「生真面目さ」

杉山が注目するのは、わが子を虐待死させる親たちに共通してみられた過剰な「生真面目さ」だ。食事も与えずに放置して子どもを死なせる、そんな親に「生真面目さ」などあるものかと思うかもしれないが、生真面目に「母親」役割や「父親」役割を務めようとし、しかしそこに無理が生じる、その先に虐待が起きているという一面があると杉山は見る。

たとえば、2010夏、3歳の女児と1歳8カ月の男児が、マンションの部屋に閉じ込められて亡くなった事件(大阪二児置き去り死事件)。子どもたちはクーラーのついていない部屋に押し込められ、部屋と玄関のあいだの戸口には出られないように粘着テープが外側から貼られた跡があった。子どもたちの遺体が発見されたのは、風俗店で働いていた23歳の母親が最後に部屋を出てから約50日後だった。そのあいだに母親は、SNSに遊びまわるようすを投稿していた。

事件後、母親が厳しく糾弾されたが、杉山はその母親の別の側面を見ていた。詳しいことは『ルポ 虐待』に記されている。読むのがつらいだろうが、一読をおすすめしたい。

彼女は中学生のときに集団レイプにあっている。しかし、父親にも母親にも、そのことを話さなかった。中学生のときから家出を繰り返した。結婚後、ふたりの子どもはしっかり育てていた。けれども、浮気をして、子どもを置いて家を出て、家に戻ると家族会議が待っていた。

■母親が書かされた「無理な内容」の誓約書

夫は離婚の意思はなく、「やり直したい」と語ったというが、彼女は「やっていけない」と口にする。「皆に責められていると感じて、その場から逃げ出したかった」のだという。彼女にも離婚の意思はなかったが、何も言えないままに夫の実家側の意向に添うかたちで離婚が決まってしまう。その場で、彼女はこんな誓約書を書いている。

・子どもは責任をもって育てます。
・借金はしっかり返していきます。
・自分のことは我慢してでも子どもに不自由な思いはさせません。
・家族には甘えません。
・しっかり働きます。
・逃げません。
・うそはつきません。
・夜の仕事はしません。
・連絡はいつも取れるようにします。

自分の意思で書いたものではなく、子どもを育てることになり、書いてと言われたものだという。「そこにいた皆から言われた気がしました」と彼女は語っている。そのとき、子どもは0歳と2歳。養育費についての話し合いはなく、彼女は父親にも母親にも頼れなかった。

どう見ても無理な内容の誓約書だ。けれども彼女は、逆らうことはできなかったという。

ここに列挙されているものは、「母親たるもの、こうあるべき」という内容だ。「こうあるべき」と彼女を縛る、「呪いの言葉」だ。その言葉に「NO」と言えないまま、彼女は子どもふたりを抱えて、孤立無援で生きていくことを余儀なくされた。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  5. 5

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  6. 6

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  10. 10

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。