記事

新海誠、エンタメは政治やメディアの言わないことを叫べる

新海誠監督(左)と雲研究者・荒木健太郎さん(右)

公開3日で興収16億円を突破した(C)2019「天気の子」製作委員会

「天気の子」の劇中カット (C)2019「天気の子」製作委員会

雲研究者の荒木健太郎さん

大ヒットスタートを切った映画『天気の子』の新海誠監督

 長野県の小さな町に生まれ育った新海誠監督(46才)。その両脇の町には電波天文台がある。星がきれいに見える場所だったという。季節によって見え方が変わる空を眺めて幼少期を過ごした監督が、最新作のテーマに選んだ「天気」。

【劇中写真】『天気の子』の象徴的なシーン

 彼は天気の何を切り取り、どのように描いたのか。雲研究者・荒木健太郎さん(34才)による気象監修のもと完成した映画『天気の子』に込めた思い、人間と天気の関係を2人が語り合った。

 今の地球を生きるものにとって現在の気候変動は死活問題だが、もっと長い期間で考えてみると、天気についての考え方が変わる。たとえば作中では、ある登場人物が「異常気象と、とらえるのはあくまで人間の都合上のもので、天気には正常も異常もない」と発言する。どの立場から見るかによって姿を変える“天気”について、私たちはどう考えればよいのだろう。

新海:実際に今の気象庁が記録しているような天気の観測データは、どれくらい前から存在するのですか?

荒木:古い資料を当たって災害の規模などを調べることはできますが、観測データとして残っているのは、ここ150年くらい。作中の、「異常気象はあくまで人間にとって異常というだけ」というメッセージには「それだよ、それ」とすごく感銘を受けました。

新海:1000年や2000年のスパンで見たら、人間には関係ないところで、今よりもっと極端でものすごい雨や、想像もできないような日照りや地震が何回もあったんでしょうね。氷河期や太陽の黒点活動など、地球規模で、地質学的なスケールでの気候変動もあると思います。

荒木:ええ、そうですね。

新海:ただ一方で、今の気候変動がぼくらの活動とまったく無関係ともいえないと思うんです。ぼくたちが何かを変えてしまっている、責任みたいなものも、もっと感じるべきではないでしょうか。

荒木:人間と異常気象のかかわりについて、「無関係」と「関係」の2つの見方をしているわけですね。

新海:ええ。ぼく自身にはどちらが正しいとも判断がつきません。責任や覚悟が必要なのは間違いないですが、エンターテインメントの世界は、最大多数の幸福を是とする政治家やマスメディアが言えないことを大きな声で叫べるんです。この物語のクライマックスには、そうした叫びが登場する瞬間があります。

 帆高(ほだか)と陽菜(ひな)が走り抜けた先について賛否はあるかもしれませんが、劇場で主人公の叫びに耳を傾けて何かを感じてもらえれば、ぼくとしてはこれ以上の幸せはありません。

──天気は人の心を前向きにも後ろ向きにもするし、時として牙をむく。そんな相手と私たちはどう向き合うべきだろう。

荒木:今は毎年のように集中豪雨などの災害が報じられます。ただ、どうしても視聴者は“テレビの向こう側の他人事”だと考えがちです。まずは災害を自分にも起こり得るものと考えて、いつ、自分の住む地域で発生しても対応できるよう備えておくことが大切です。日頃からハザードマップで危ない場所を確認し、避難経路や避難所を把握して、非常時に持ち出すものをチェックして備えておきたいですね。

新海:先ほどの観天望気も役に立つと思いますよ。

荒木:その通りです。空や雲を見て変化に気づいたら、気象レーダーで自分のいる地域に危ない雲が来てないかチェックしてほしい。そもそもみんな空の変化になかなか気づかないんですよ。だからいろんな雲が描かれているこの作品が、空を見上げるきっかけになるといいですね。

新海:ただぼくはふと思うのですが、日本はこれだけ災害が集中するような場所にあり、実際に地震や豪雨などが多発しているのに、ぼくたちはずっとここに住み続けていますよね。何だか不思議です。

 災害があっても住み続けるのは、「受け入れる」というある種の柔軟性かもしれないし、何かを諦めて、達観している気分を感じなくもない。

荒木:やっぱり自分が生まれた土地ですし、生まれた瞬間から四季のある日本に暮らしているからかもしれません。私の場合、ここで見られるいろいろな空や雲が大好きなんです。だからほかのところにはなかなかいけません。夏の夕立のあとには、美しい虹に出合うこともできますから。

新海:たとえば巨大な災害や異常気象が生じても、日本人は割とささっと日常を取り戻すことがありますよね。もちろん、そんな簡単にいかないこともあるでしょうが、その場所にずっと住み続けることが多いように感じます。ポジティブに考えれば、それがぼくたちの強靭さなのかもしれませんね。

【Profile】

◆荒木健太郎(あらき・けんたろう)

1984年11月30日生まれ、34才。茨城県出身。雲研究者。気象庁気象研究所研究官。学術博士。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事した後、現職。防災・減災に貢献することを目指して、豪雨・豪雪・竜巻などの激しい大気現象をもたらす雲の仕組み、雲の物理学の研究に取り組んでいる。著書に『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)、『雲を愛する技術』(光文社新書)、『世界でいちばん素敵な雲の教室』(三才ブックス)などがある。

◆新海誠(しんかい・まこと)

1973年2月9日生まれ、46才。長野県出身。2002年、監督・脚本・美術・編集などの制作作業をほぼ1人で行った短編アニメーション『ほしのこえ』で鮮烈なデビューを果たし、数々の賞を受賞した。その後もきめ細やかな映像美とセンチメンタルな脚本で観客の心を打つオリジナル作品を次々と発表。2016年に公開された『君の名は。』は記録的な大ヒットとなり、『千と千尋の神隠し』(2001年)に次ぐ邦画歴代2位の興行収入を記録した。

撮影/田中智久

※女性セブン2019年8月8日号

あわせて読みたい

「天気の子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  3. 3

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  4. 4

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  5. 5

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  6. 6

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

  10. 10

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。