記事

「当事者のエゴが時代を変える」。吉藤オリィが参院選で見たある風景

1/2

2019年7月22日の投開票の参院選。「れいわ新選組」が擁した筋萎縮性側索硬化症(ALS)と脳性まひの当事者2人が比例区で当選した。

病気や障害、引きこもりなどで外に出られない人のために「分身ロボット」を開発してきた吉藤オリィさんは、感慨無量でその結果を受け止めたという。

「寝たきり」の候補者が
会見に臨み、街宣で人だかりに囲まれて思いを訴え、開票結果をともに見守った風景。

オリィさんは、そこに
テクノロジーや制度の進化、人々の汗を見たという。

それと、本人の「やりたい」という強いエゴと、時代の変化も。

参院選の開票結果で舩後靖彦さんの当確が出たとき、ALSの患者さんたちと6年以上前から親しくしていたこともあり、思わず「よし!」と叫んでしまいました。

あの日、いろんな意味で歴史が動いた。

体力、知力、気力、人気。すべてそろった「強者」な人間ばかりの世界に、「弱者」扱いされてきたALSの寝たきり患者が「国民代表」として入った。

舩後さんの「寝たきり」の姿は、いつか自分たちもなる姿でもあります。だから彼は「寝たきりの先輩」でもある。舩後さんの姿を見て、国会議員はその事実に直面し、「寝たきり」を自分ごととして考えるようになるかもしれない。

「政治家」や「働く」という言葉の持つイメージすらも変わっていくでしょう。いずれにせよ舩後さんたちの当選は、偏った万能主義の政治の世界に、多様性をもたらす画期的な出来事でした。


17歳からいままで「孤独の解消」をテーマに、ロボットの研究開発を続けてきました。

いじめなどから小学5年で不登校になり、それから3年半、家で時計の針の音を聞きながら天井を眺めて暮らしました。「自分は社会のお荷物だ」「もう死んだほうがいいかな」と本気で思ってました。圧倒的に孤独だった。

つながっていないと孤独を感じ、生きる意欲を失う。不登校だった私だけでなく、病気や障害で動けない人もそれは同じ、と知りました。そこから「OriHime」(オリヒメ)という、孤独を解消する分身ロボットを開発しました。


オリヒメは、自分の意識をどこにでも運べる「心の車椅子」です。カメラ、マイク、スピーカーが搭載され、インターネットを通じて操作します。周りを見回し、聞こえてくる会話にリアクションもする。外出できなくても「オリヒメ」を置けば、あたかもその場にいるようなコミュニケーションがとれます。

オリヒメを通じ、あるALSの患者さんと知り合いました。眼球だけは動かせる彼のために、視線で入力できる意思伝達装置を開発し、「オリヒメ・アイ」の誕生につながりました。


仲間と会見に臨み、街宣で人だかりに囲まれ、当確を喜ぶ。舩後さんの選挙の風景には、見えないけれど、いろんなものが詰まっていたと思います。

それは、テクノロジーや制度の進化、その実現に尽力した人々の汗、それから当事者の強い「エゴ」。

10年と少し前まで舩後さんのような重度障害者の多くは、24時間連続のヘルパー利用が公費で保障されていない中で暮らしていました。だから在宅で自立した生活が送れず、外出できたとしても遠くまで行けなかった。

でも呼吸器や車椅子、意思伝達ツールなど、自立した生活を送るための技術が進歩した。医療・介護制度も改善されてきた。その実現に尽力してきた人の汗や彼らが築いたノウハウも、もちろん大きな影響を与えている。

なにより、舩後さん自身の「これがしたい、あきらめたくない」という強い意思=エゴが欠かせなかった。


舩後さんは担がれて参院選に出たわけじゃない。彼は、2014年の千葉県松戸市議選にも立候補し落選している。前から政治家になりたいと思い続けてきた。だから今回も立候補した、と聞きました。

エゴって大事です。時代を大きく変える原動力も、「やりたい」という強いエゴだから。そこにテクノロジーをかけ合わせれば、さらに前に進める。逆にいえば、エゴがない人にどんなテクノロジーを与えても、なにも変わらない。

オリィ研究所にもかつて、強いエゴをもった男がいました。

番田雄太。4歳の時交通事故にあい、首から下が麻痺し、寝たきりの病院暮らしで学校にも行ったことがなかった。だけど彼は、わずかに動くあごの力だけで24歳からいろんな人にメールを打ち始め、親にやめとけといわれながら6000通も送りました。

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  2. 2

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  3. 3

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  4. 4

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  5. 5

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  6. 6

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    タワマンは首都圏版ニュータウン

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    好調「note」 CEO語る躍進の理由

    BLOGOS編集部

  10. 10

    ゼルビア問題 藤田氏=悪は間違い

    島村優

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。