記事

経産省キャリア官僚が麻薬を密輸 月300時間の残業が壊したエリートの理性


裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火です。今回、傍聴してきたのは覚せい剤を密輸して使ったとして、覚せい剤取締法違反(密輸・使用)などの罪で起訴された経済産業省キャリア官僚・西田哲也被告の裁判です。

10時からの裁判で傍聴出来なかったらシャレにならないと思って、早めに行きましたが9時20分の時点で7人ぐらいしかいませんでした。

入廷したのが9時45分。待っている間に弁護人と被告人と両親と思われる2人が一緒にきて。ただニュースを見ている人にとっては「被告人が来た」っていう感じです。

起訴された内容は今年4月11日、氏名不詳者と共謀の上、アメリカの郵便局からフェニルメチルアミノプロパン(覚せい剤の正式な呼び名)20.66グラムを隠し入れた郵便物をスピード郵便で日本に送ったというものです。

それを4月14日、ロサンゼルスの空港で飛行機に荷物として積ませて4月15日成田空港に到着。4月16日、東京税関で荷物検査を受けて密輸入しようとしたところ失敗しました。未遂ですけど日本に持ち込んでいるので関税法違反になります。

さらに覚せい剤取締法違反の罪もあります。4月25日、東京都足立区の自宅で覚せい剤=フェニルメチルアミノプロパンの水溶液を注射で自分の体に注入したそうです。報道されていた経産省の中で使用した…ということについては起訴されていません。今回問われているのは、アメリカから違法薬物を輸入したこととそれと同じ成分の薬物を使用したという罪です。

被告人はもう保釈されていて法廷にいました。見た目の印象としては目の下のくまが目立つかなという感じがしたので寝られてないのかなと。あれだけ報道されていたので気持ちとしてはわかりますね。でも裁判を見る限りでは全然注目されていないという印象です。「ピエール瀧より大きく報じるべきだ!」と怒っている人もいましたけど、裁判としては全く人気がありませんでした。

覚せい剤を一度空き家に郵送してから受け取っていた

阿曽山大噴火が描いた西田哲也被告

検察官の冒頭陳述です。被告人は大学を卒業後、国家公務員になりました。冒頭陳述では伏せていたのか学校名や勤務している省庁についても触れていません。ただニュースで報じられているのは、東京大学卒業後、経産省勤務ということです。

覚せい剤に手を出すきっかけがうつ病だったそうです。仕事が忙しくて家に帰っても一人暮らし。そうした環境が影響したのかうつ病にかかっていたそうです。抗うつの薬を処方されて治療をしている中で「もっと効果の強い薬ないかな?」と調べていくうちに覚せい剤に興味が湧いてきたと話していました。

検察官の冒頭陳述では覚せい剤を使い始めたのは2019年2月から。ただ値段が高いので安い薬のほうがお得だと考えて、海外の安価な覚せい剤を探したそうです。今年の3月中旬、通信の匿名性を高めるソフトウェアTorを使って海外のサイトを見ていたら覚せい剤が売っていたので、ビットコインで先払いして契約成立。輸入した覚せい剤は身元がバレないように自分の名前ではなくサイトウ・ジュンイチロウという仮名にしていました。

さきほどの起訴状の4月15日に日本に届いて、4月16日に税関がチェックしたところ覚せい剤ということがバレたそうです。裁判では明らかになっていませんでしたけど、これまでの報道によるとファッション誌の袋とじの中に入れていたそうです。

ファッション誌はたくさん輸入されるので税関でのチェックも甘いようですが、この時は覚せい剤が入っていたとわかったので、それを抜いて代替品を入れました。すぐ捕まえにいかず泳がせたわけです。何も知らない西田被告は、袋とじからその代替品を入れてそのまま郵送していました。

郵送された荷物が届くのは西田被告の自宅ではなくて近所の空き家。インターネットでヤバイ薬だとわかっているので、それを自宅に届けられたらバレると考えたのでしょう。空き家に入れられた不在票を持って郵便局に自分で取りに行くなり、自宅に再送してもらうと。自分と覚せい剤が紐付かないようにしているわけです。

通常では信じられない量の覚せい剤20.66グラム


覚せい剤20.66グラムというのはめちゃくちゃ多いです。薬物事件の裁判も色々傍聴しましたけど、覚せい剤を使う時って0.03グラムぐらいです。捕まる人って「売人からどれくらい買いましたか?」って聞かれても1グラム3万円って答えるケースが多い。ということは1グラムで30回分ぐらいになります。それが西田被告の場合は20.66グラムですから、どれだけの量なんだと思います。これほど買うとなると密売側じゃないかというぐらい多い。

冒頭陳述に戻ります。輸入していた覚せい剤とは別に西田被告は今年の4月10日、密売人から1グラムを3万円で購入して1日2回のペースで覚せい剤を使っていたそうです。家宅捜索をした時だと思いますが、去年9月の日付で注射器を買った時の受領証が見つかっています。覚せい剤を購入したのは4月10日で、使ったのも今年2月と言っていますが、注射器は去年9月に購入しているという証拠があります。

さらに4月に家宅捜索をしたところ被告人のマンションからゴミ袋が出てきて、その中に注射器が20本入っていました。衛生的な面で1回使うごとに替えていたのかもしれません。家宅捜索で押収された色んなパケ(小包)の1つにはコカインの付着もみられたそうです。なおコカインについては起訴されていません。

これだけではありません。西田被告が今年4月、池袋を歩いていたら密売人に「覚せい剤を買わないか?」と声をかけられたそうです。この時は1グラム3万円で購入。この密売人を「綾瀬1」という名前で携帯電話に登録して、その後2〜3回購入したそうです。

お菓子の箱に注射器を入れていたものが自宅か職場にあり、どちらにあったのかはわかりませんが、少なくとも職場には注射器が6本あって、そのうち4本に覚せい剤が付着していました。

これがよくわかりませんよね。私も池袋とか歌舞伎町を歩いていますけど1回もこういう形で声をかけられたことがありません。

仕事は真面目にきっちりやる男だった


職場の上司は西田被告について「仕事は本当に真面目にきっちりやる男でしたが、うつで仕事を休むことが非常に多かった。こういうことをやる前に気がつけなかったのは残念だし申し訳ないです」と話していたそうです。

西田被告も取り調べを受けています。内容ですが、2013年に経産省に入省。最初に所属した部署がとても忙しくて残業が月300時間。こういう人が日本を支えているという現実です。2015年に部署を異動して時間に比較的余裕ができたと。どれくらい余裕が生まれたのかはわかりませんけど、月300時間の残業ではなくなったということでしょう。その時「自分は仕事ばかりしていていいのだろうか。本当にこれが好きな仕事だっけ?」と思うようになって病院で診てもらったところ医者から「うつですよ。働き過ぎが原因です」と診断されました。

医者から処方されていた抗うつ剤で治療をしている中で「もっと効く薬はないのかな」と自分で探すようになったそうです。そうして見つけた薬がリタリン(向精神薬/塩酸メチルフェニデート)。これを去年から買い始めています。同時に自傷行為もするようになり、注射器も買っていました。

時間に余裕はできたとは言いながらも、この時も相当働いていると思います。あくまで推測ですけど残業が200時間ぐらいだったかもしれません。この時すでに覚せい剤を使っていたのかはわかりませんが、強い興味があって使う気満々だったのかもしれません。

職場で使うこともあったようです。最後に使ったのは自宅の防音室。防音室っていうのが引っかかりましたね。いいマンションなのかもしれません。報道でも言われていましたけど、28歳で今の部署の課長補佐に昇進。

出世がすごく早いので、ちゃんと働いている人であることがわかります。薬物はルール違反ですが、仕事はすごくできるわけです。

去年12月に体調が悪くなって12月10日から長期休暇をもらっています。ただ親には休んでいることを話していませんでした。一人暮らしですけど、長期休暇を取ったこともうつ病であることも親に言えなくて。親からの「最近、仕事はどうなの?」という連絡に「頑張ってやってるよ」と答えていることがさらにストレスになっていたそうです。

結局、プライベートの話は一切出てきませんでした。なぜ池袋を歩いていたのかもわかりません。

次回は8月14日。証人喚問と被告人質問になります。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    マラソン開催 都の声に札幌怒り

    文春オンライン

  10. 10

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。