記事

シリア内戦、最終戦争が激化、ロシア、特殊部隊を投入か - 佐々木伸(星槎大学大学院教授)

ペルシャ湾での米・イランの緊張が高まるのをよそに、シリア内戦の最後の戦いが北西部イドリブ県を舞台に激化の一途をたどっている。シリア政府軍はロシア軍機の空爆支援を受けて総攻撃を開始、ロシアが地上戦に特殊部隊を投入したとの情報も出ている。子供を含めた民間人の犠牲者はすでに450人にも上り、難民も急増、最悪の人道危機になりつつある。

[画像をブログで見る]

無差別爆撃の悲劇

政府軍が総攻撃を始めたのは4月30日。政府側の発表によると、イドリブ県や隣接のハマ県などに立てこもる国際テロ組織アルカイダ系の「シリア解放戦線」(旧ヌスラ戦線)がイドリブ県の職員を殺害したことから、テロ組織の一掃作戦に踏み切ったという。これにより、昨年10月にトルコとロシアの仲介で成立した停戦は完全に崩壊した。

政府軍は簡易焼夷弾の“たる爆弾”をイドリブ県の都市部などに無差別に投下、ロシア軍機も空爆を強化した。攻撃は市場や住宅地域、病院や学校、水道施設などに及び、7月27日も民間人11人が死亡した。24日のアリハの空爆では、がれきに埋もれて身動きの取れない5歳の女の子が、生後7カ月の妹が落下しないよう必死に服の端をつかんでいる写真が世界に流れ、大きな反響を呼んだ。結局、建物が崩れ、女の子は死亡、幼児は奇跡的に助かった(写真はこちら『This Heartbreaking Photo Captures the Horrors of Syria’s Civil War』)。

空爆に加えて地上戦も激しさを増している。現地からの報道によると、政府軍は精鋭部隊の「タイガー軍団」に進撃させたが、反政府勢力の反撃に遭って失敗。このためロシアが「初めて地上部隊を投入」(反政府筋)、地上戦に直接参戦しているという。しかし、ロシア国防省は「フェイク」と一蹴、過去も、今もシリアにはロシアの地上部隊はいない、と否定した。

これまでもロシア人が戦闘に加わっているという情報はあり、一部は傭兵部隊だと見られていた。また、地上戦にはイラン支援のレバノンの武装組織ヒズボラや、イラク、アフガニスタンからのシーア派民兵軍団も政府軍支援で戦っている。

こうした連合軍の攻撃に抵抗している反政府勢力はトルコ支援の自由シリア軍などの武装組織だが、最強なのが旧ヌスラ戦線だ。形式上はアルカイダと決別したことになっているが、実体はアルカイダの思想や考え方をそのまま維持していると見られている。勢力は3万人程度とされており、指導者はアブ・ムハンマド・ジャウラーニ。

しかし、最終戦争の激化に伴い、イドリブ県の住民約300万人のうち、すでに40万人が家を失って難民化。国連は最悪の人道危機になりつつあるとして、攻撃の停止を求め、米国務省も故意に民間施設が狙われていると非難したが、アサド政権、ロシア双方とも耳を貸す様子はなく、現地の状況は悪化の一途をたどっている。

トルコ軍侵攻を警告

こうした中、トルコの動きが事態をさらに複雑、深刻なものにしている。トルコは最近、イスタンブールに居住していたシリア難民数百人を突然拘束し、強制的にバスに乗せてシリア領内に追放した。その際、難民らには「自発的にシリアに戻る」という文書に署名させたという。追放された難民らは行く場所もなく、国境地帯に放置されている。

トルコがいま、なぜこうした行動に出たかは不明だが、トルコにはすでに360万人ものシリア難民が滞在しており、国内からエルドアン政権に対し、難民をあまりにも大量に受け入れ過ぎたとの批判が高まり、それが最近の一連の地方選挙での政権側の敗北につながったという見方も出ていた。

エルドアン大統領はこうした国内の不満を解消する一助とするため、またトルコに難民を押し付けている欧米への反発を示す狙いがあったと見られている。トルコは米国との間で現在、シリア北部に安全保障地帯を設置する交渉を行っているが、うまく進んでいない。

シリア北部は、米国の先兵として過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅に血を流したクルド人が支配しているが、クルド人の勢力拡大を自国の脅威とみなすトルコにとってはこの問題で対立が解けていない。米国は基本的に同盟国であり、北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコの要求に応じ、安全保障地帯の設置については認める意向だ。

だが、条件としてトルコがクルド人を攻撃しないことを確約するよう求めており、決着が付いていない。この背景には、トルコが7月、米国の反対を押し切ってロシア製地対空ミサイルシステムS400の導入を開始し、これに反発した米国が最新鋭ステルス戦闘機F35の多国間共同開発計画からトルコを排除、100機の売却も凍結するなど、ギクシャクした両国関係がある。

チャブシオール外相はこのほど、安全保障地帯が設置されず、トルコに対する脅威が消えないなら、トルコはシリア北部に軍を侵攻させると強く警告した。トルコが侵攻すれば、クルド人との戦闘が勃発し、内戦がさらに複雑な状況になりかねない。

この3月、シリア東部の小村に立てこもって抵抗していた最後のメンバーが制圧され、消滅したとされていたIS勢力が早くも蘇る兆しを見せているのもシリア情勢に影を落としている。米紙によると、残党勢力約1000人がシリアからイラクに越境し、テロなどの活動を活発化させ始めているという。シリアに平和が到来するにはなお、気の遠くなるような時が必要だ。

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  3. 3

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  4. 4

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    世界が評価 雅子さまの国際感覚

    NEWSポストセブン

  6. 6

    N国のツッコミ警戒?いだてん低迷

    渡邉裕二

  7. 7

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  8. 8

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    賛否呼ぶ献血PR 批判内容に疑問

    AbemaTIMES

  10. 10

    北朝鮮 米韓に新たな解決策要求

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。