記事

ダルも長友も『NO』を突き付けた張本発言、高校球界も怒り爆発 - 新田日明 (スポーツライター)

またしても批判の嵐にさらされている。野球評論家の張本勲氏が28日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」に出演。大船渡(岩手)の163キロ右腕・佐々木朗希投手が夏の甲子園出場をかけた県大会決勝で登板を回避して花巻東に敗れたことに対し、次のように舌鋒を向けたからだ。

「最近のスポーツ界でね、私はこれが一番残念だったと思いますね。32歳の監督(大船渡・国保陽平監督)でね、若いから一番苦労したと思いますがね、絶対、投げさすべきなんですよ。前の日にね、129(球)投げてますからね。大体、(準決勝までの)予選で4回しか投げてないんですよ。合計で430、450(球)くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星(金足農)が800(球)くらい投げているんですよ、1人で」

こう言って顔をしかめると、さらにこうも続けた。

「監督と佐々木君のチームじゃないんだから。ナインはどうしますか? 一緒に戦っているナインは。1年生から3年生まで必死に練習してね。やっぱり甲子園は夢なんですよ。私は夢が欲しくてね、小雨の路地で泣いたことがありますよ。2年生、1年生も見てるんだから」

一度火が付いてしまった張本節はおさまることもなく「最後に言いたいのは先発させてナインに『早く点を取ってやれよ、3点でも5点でも』と。そしたら代えてやることもできるんだから。先発させなかったのは間違いだったと思いますよ」と断じるまでに至った。

〝口撃〟の対象となった国保監督についても「彼はアメリカの独立リーグにいたんですよ。アメリカ流に考えているんですよ。アメリカは(投手の肩肘は)消耗品だと思っているから。日本は投げて投げて力を付ける。考え方が全然違うんですよ」と決めつけるように一方的なコメント。

日本高校野球の指導者として米独立リーグ経験者の国保監督は不適格であることを匂わせるような発言までぶっ放してしまったから、ネット上は多くのユーザーたちの怒りや猛反論で大炎上した。

しかも番組内での張本氏の極めつけは、こんな〝言い分〟だった。

「ケガが怖かったら、スポーツは辞めたほうがいい。将来を考えたら投げさせた方がいいんですよ。苦しい時の投球をね、体で覚えて大成した投手はいくらでもいる。楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」

個人的な感想で大変恐縮だが、長く野球の取材を重ねている立場の人間として普通に番組を見ているだけでとても気分が悪くなった。物事を冷静な考えで見聞きできる人ならば、番組内における張本氏の発言の数々には突っ込みどころか数多くあったことに気付いたと思う。

たとえば「日本は投げて投げて力を付ける」と言い切っているが、ひと昔前の昭和の時代ならばまだしも現代野球のセオリーにおいて、このような根性理論は日本においても絶対的ではない。

「ケガが怖かったら、スポーツは辞めたほうがいい」  「将来を考えたら投げさせた方がいい」  「楽させちゃダメ」

などといったコメントにも首をかしげたくなる。決勝当日の佐々木のコンディションを詳細に把握していたわけでもないのに、よくぞここまで自信を持ちながら上から目線でモノを言えるなと呆れてしまう。

誰よりも教え子を一番傍で見ている国保監督が自ら下した判断について、佐々木のことなどロクに知りもしないはずの張本氏から四の五の言われていることを聞けば、さすがに感情を押し殺しながらも内心では怒りを募らせるであろう。

逆に国保監督が甲子園行きだけを追求するがあまりに佐々木の決勝登板を強行させ、選手生命を大きく左右してしまうような重大な致命傷を負わせてしまったとしたら一体どうするつもりなのだろうか。それでも張本氏が決勝登板回避の時と同じ姿勢を貫けるとは到底思えず、今度は「なぜ無理に投げさせたのか」と言いそうな気がしてならない。

腹立たしさと不可解さのあまり、つい〝怒りのペン〟を走らせてしまったことをお許しいただきたい。ただ多少の差異はあれども、ほぼ同意見である人はそれなりに世の中で数多いと確信している。

アスリートたちも猛反発

実際にアスリートたちも各メディアで報じられた張本発言に猛反発しており、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」とツイートすれば、サッカー日本代表のガラタサライ・DF長友佑都も「記事が真実だとしたら非常に残念。苦境に立たせて大怪我をしたらマイナスでしかない。野球で生きていく選手なら尚更。監督は批判覚悟で選手の将来を守った英断。何度も言うが日程を選手ファーストで考えてほしい」とつぶやいた。

放送しているTBSの関係者は、こうした世間の反応を真摯に受け止める必要がある。張本氏の問題発言を各メディアがこぞって取り上げ、今回のようにネット上では高確率で大炎上を招いていることで「注目を浴びている」とプラスにとらえるのは危険だ。

張本氏の批判が炎上する時は素人目に見ても現代スポーツについて勉強不足であるケースがほとんどで、失礼を承知で言うが「居酒屋トーク」とほとんど同じようなレベルの言葉にしか聞こえないことも多々見受けられる。

番組が放送後、すでに今夏の甲子園行きをつかみ取っている某高校野球部の部長に匿名で率直な感想を聞いた。すると、こんな答えが返ってきた。

「番組は見ていないのですが、ネットのニュースで詳しく見ましたよ。はっきり申し上げますが、張本さんは自分の意見に酔い過ぎですし、絶対に番組であのような発言をするべきではありませんでした。あの内容をサラッと放送してしまう局の側にも問題がないとは言えないですよ。

これで大きく傷つくのは佐々木君であり、大船渡の野球部員たちです。こんな渦中にある中で、なぜ前途洋々のはずの高校生の彼らの動揺をさらに誘うような言葉を口にするのか理解に苦しみます。国保監督は大人だから百歩譲って受け流せるかもしれませんが…。

それにしても番組では昔の根性野球ばかりを押し付け、ほとんど納得のいく言葉が出て来ませんでした。あれでは国保監督もあまりに不憫です。高野連(高校野球連盟)、他の高校野球部の関係者の複数の人たちとも張本さんの発言について話しましたが、ほとんど私と同じような意見でしたよ。

もしウチが同じような立場にあったとして私が監督であれば、確かに決勝で佐々木君を使わないという選択はできなかったと思います。それでも国保監督はあらゆる総合的な見地から、それを実行した。大船渡の地元では国保監督の決断に反発の声が未だ大きいことも承知しています。それでも正しいか正しくないかではなく、自分が批判されることも覚悟の上でやってのけたことは素直に凄いと認められるべきです」

張本氏とTBS側は今一度、足元を見つめ直したほうがいいかもしれない。 

あわせて読みたい

「張本勲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  4. 4

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  5. 5

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  7. 7

    志村どうぶつ園出演の家族に疑惑

    文春オンライン

  8. 8

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    中村医師巡る首相対応に「失格」

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。