記事

衆議院議長にまで文句をつけるのか

この数日、私事にてブログをお休みしていました。すみませんでした。

この間、ちょっと驚いたことがありました。先般、参院選の開票速報番組でもご一緒した、萩生田自民党幹事長代行の発言です。

憲法改正を進めるために、大島衆議院議長がソフト過ぎるから、もう少し強く采配を振るうタイプの人に衆議院議長を交代させることも考えるべし、といった趣旨の発言でした。

憲法改正論議に関しては、丁寧な議論を行うべきだと、連立政権を組む公明党の山口代表も繰り返し言っています。憲法改正論議とはそういうものだと私も思います。この点からも萩生田氏の発言は「強引」。

また、一議員が、もちろん与党の役職者だとはいえ、三権の長のひとりたる衆議院議長の身分にまで言及するというのは極めて強い違和感をおぼえます。衆議院議長は、全衆議院議員の選挙で選ばれるものです。「強引」に決められるものではありません。

あわせて読みたい

「萩生田光一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。