記事

フジドラマ枠に異変 月9はヒット、木曜劇場は本塁打狙いに

1/2
フジの看板ドラマ枠に変化が?(月9『監察医 朝顔』公式HPより)

木曜劇場『ルパンの娘』は振り切ったコメディ(番組公式HPより)

 数々のヒットドラマを生み出してきたフジテレビのドラマ枠「月9」と「木曜劇場」。この2大ドラマ枠に異変が見られるという。いったい何が起こっているのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【別写真】深田恭子の”泥棒スーツ姿”はセクシー!

 * * *

 フジテレビの看板ドラマ枠に変化のきざしが見えます。

 1つは1987年にスタートし、『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』『HERO』などのヒット作を生み出してきた月9。もう1つは1984年にスタートし、『愛という名のもとに』『29歳のクリスマス』『白い巨塔』『眠れる森』らのヒット作を生み出してきた木曜劇場。

 月9は若年層向けラブストーリーのドラマ枠だと思われがちですが、実際は時代の流行に合わせてさまざまな職業や生き方を描きながら、恋愛の要素を織り交ぜて若年層にもリーチしてきました。

 ところが今夏放送の『監察医 朝顔』は、法医学の世界を穏やかなトーンで描き、東日本大震災をモチーフにするなど流行とは無縁の作品。また、ヒロインの万木朝顔(上野樹里)には初回から桑原真也(風間俊介)という恋人がいて、2話で早くもプロポーズされるなど、恋愛の要素はほとんどありません。

 一方、木曜劇場のターゲットは一貫して、大人の女性層。たとえば、『最後から二番目の恋』『最高の離婚』『医龍』『風のガーデン』など、大人世代の恋愛・結婚、職業や生き方を描き続けてきました。

 ところが今夏放送の『ルパンの娘』は、他局を見渡しても前例がないほどの振り切ったコメディ。年齢性別を問わず笑わせることを狙った作品であり、若年層にもウケていて、ツイッターの世界トレンド3位にランクインするなどネット上の動きが活発です。

 これまでとは明らかに異なる作風なのはなぜなのでしょうか? ともに30年超の伝統を持つ看板ドラマ枠に起きている変化を掘り下げていきます。

◆月9はヒット狙い、木曜劇場はホームラン狙い

 月9は、2010年代に入って視聴率の低下が止まらず、「最低視聴率更新」という報道が相次ぐなど、何度となく打ち切り危機が噂されてきました。昨年も『海月姫』『コンフィデンスマンJP』はネット上の評判こそよかったものの、視聴率は1桁に低迷。しかし昨夏以降、刑事ドラマの『絶対零度』、弁護士ドラマの『SUITS/スーツ』、科捜研ドラマの『トレース』、医療ドラマの『ラジエーションハウス』と、リアルタイム視聴されやすく安定した視聴率が計算できるジャンルの作品を続けて、2桁視聴率を獲得しました。

 同様に今夏の『監察医 朝顔』も、法医学という視聴率を計算できるジャンルであり、「月9は流行を追うよりも、看板枠として確実に視聴率を取っていこう」という方針が見えます。ただ、「恋愛の要素を入れない」「あえてシリアスな東日本大震災を扱う」「大きな事件や急展開のない静かなムード」という若年層から敬遠されかねないコンセプトは、これまでにない試みと言えるでしょう。

『絶対零度』『SUITS/スーツ』『トレース』『ラジエーションハウス』が、「1年間2桁視聴率を記録」という一定の成果をあげたことで、「次は手堅いジャンルを扱うだけでなく、その中で攻めていこう」というフェーズに入っているのではないでしょうか。

 一方、木曜劇場は2010年代後半、何をやってもうまくいかず、視聴率はプライムタイムで放送される連ドラの最下位になることもありました。その中で唯一成功した『グッド・ドクター』は、現在月9が取り組んでいるジャンルであり、「フジテレビ制作の2枠に似た作品が並ぶ」のは得策と言えません。

 そこで浮上したのは、フジテレビが製作委員会に名を連ねて成功した『翔んで埼玉』のような振り切ったコメディ路線。『ルパンの娘』と『翔んで埼玉』の演出・脚本は同じスタッフであること、さらにコメディ映画『テルマエ・ロマエ』とプロデュース・演出が同じスタッフであることからも、その様子がうかがえます。

 スタートからここまで、『監察医 朝顔』は高視聴率を記録し、『ルパンの娘』は前述したツイッターのほか見逃し配信視聴数でも歴代最高レベルを記録。「月9は広告指標である視聴率を担い、木曜劇場は話題性やネットの反響を担う」という図式が浮かび上がってきます。

 たとえるなら、前者がコツコツとヒットを狙うアベレージヒッターで、後者はフルスイングでホームランを狙うホームランバッター。2010年代の低迷をきっかけに、長年の伝統にしばられることなく、新たな方針を打ち出しているのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。