記事

過去の創薬を知り、未来の創薬を考える - 創薬科学入門

「創薬科学入門」(佐藤健太郎 著)を読んだので、レビューがてら思うことを書いてみます。

 

 

著者の佐藤健太郎さんは、製薬企業研究員、東京大学広報担当特任助教を経て、現在はサイエンス・ライターとして活躍されています。

 

著者が製薬会社勤務時代から主宰するWebサイト「有機化学美術館」「有機化学美術館・分館」では、有機分子の美しいCG画像とともに、有機化学の世界の様々な話題をわかりやすく紹介されています(現在は、ブログ形式の分館の更新がメイン)。また、代表的な著書である「医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)画像を見る 」では、新薬開発停滞と医薬品特許切れに伴う売上低下「2010年問題」について、研究現場のリアルな光景を交えつつ、その原因と現状についてわかりやすい解説をされています。

 

「創薬科学入門」は、「創薬の世界では何が行われているのか」について、主に有機化学の切り口から取り上げています。つまり、「有機化学美術館」で取り上げられている学問の世界と「医薬品クライシス」で取り上げれている医薬品開発の世界をつなぐ作品、というわけです。

 

本のレベルとしては、大学初年度レベルの生化学、有機化学について基本的な知識はあることが前提とされています。しかし、文章自体は平易に書かれているので、製薬関連の研究者を目指す大学生への入門書としては、ピッタリの難易度と内容だと思います。

 

「創薬科学入門」は、創薬とはどのようなことかを解説した前半と、現在使用されている医薬品について解説した後半、新薬開発の成功例について開発者自身(久能裕子氏)が綴った最終章、の3部に分かれています。

 

前半で取り上げられている内容は、大きく分けると「薬はどのような過程を経て開発されるのか」「良い薬と評価されるための鍵とはなにか」「そのような薬を合成するためにどのような方法論や技術が用いられているか」の3点になります。後半と最終章は、「このような手法を用いて、これまでどのような医薬品が開発されてきたか」「リアルな開発現場はどのようなものか」について書かれた、前半部の応用編のような位置づけです。

 

本書では、多くの薬剤(巨大な売上高を記録した、ブロックバスターと呼ばれる薬たち)の開発事例が取り上げられています。創薬の基本的な方法論を学びつつ、「ブロックバスターを得るために、どのような工夫がなされたか」「ブロックバスターを得るためのセレンディピティ」などについても知ることができます。今まで製薬会社の研究所ではどんな事やってきたの?ということを知るためには、格好の題材が揃っています。
 

ここから先は、私の個人的見解。

著者は、「単なる創薬技術・方法論の解説」や「創薬の成功例の紹介」のためだけにこの本を書いたわけではありません。筆者は、これまでの創薬の方法論を通覧した上で、「これからの創薬はこのままで良いのか」ということを提示したかったのではないかと思います(このあたりは、「ロレンツォのオイル」の稿と、あとがきにかかれています)。

 

この思いは、私を含めた創薬の現場の人間が、現在思っていることと一致しています。

 

この本で取り上げられている創薬技術や方法論は、1990年から2000年の間に「画期的新薬」として開発されてきたブロックバスターの創薬に用いられてきたものがほとんどです。これらの方法論は、確かに大成功を収め、多くの薬剤を世に送り出しました。

 

そして、2000年にはヒトゲノム解読が成し遂げられたことから、「これからどんどん見つかる新しい標的分子にたいして、1990年台にブレイクした方法論を用いれば薬はどんどん出てくるだろう」という楽観的な想定がされていた時代もありました。

 

しかし、その期待感は長くは続きませんでした。2000年から2010年にかけては、新薬が生まれない「創薬の停滞期」とも言える10年が訪れます。そんな中、現場の研究者たちは、現在の創薬の方法論に問題がある可能性、もしくは、創薬が目指すべき方向が間違っている可能性、について、すでに気づいています。

 

「これまでの方法論で、様々な要因が絡まり合って起こる難病にとりくむことができるのか」「これまでの方法論で何とか出来るにも関わらず、研究者が見逃している患者さんのニーズがあるのではないか」

 

これらのことについて必死に考えているというのが、創薬の世界の現状です。

 

創薬科学入門は、これらの現状を理解するために必要な基礎知識を得るためには格好の本です。しかし、書かれていることははあくまで「過去の総括」であり、この内容が未来永劫通用するわけではありません。

 

これからの創薬の世界は、過去とは全く違う方向に向かう可能性もあります。創薬の世界を志す学生さんは、このあたりを心して欲しいと思います。自分たちが飛び込む創薬の世界は、「これまでをベースにしつつも、違う方向へ向かわなくてはいけない」ということを意識し、未来の創薬を考えてみて欲しいと思います(自分への自戒も込めて)。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。