記事

小さな町のベーカリーと地元大学が衝突、保守派とリベラルの代理戦争に

1/3
米オハイオ州オーバリンにあるGibson’s Bakery(Photo by Dake Kang/AP/Shutterstock)

米オハイオ州クリーヴランドから35マイルほどの距離にオーバリンという町がある。オーバリン大学の生徒たちで賑わう場所だ。この土地に店を構える創業134年のベーカリー、Gibsons Bakeryで起こったある出来事がとんでもない事態に発展していく。

この店で扱うのは雑貨や日用品の他、クッキーやペストリー、シュガードーナツなど。オハイオ州の酒税法で度数の高い酒類は販売できないが、Gibsonsでは一部ビールやワインも扱っている――ほとんどは、酔えりゃなんでもいい、という大学生しか飲まないような安物の酒だ。
3年前、この手の酒が2本盗まれた事件が火種となり、のちに大きな騒ぎとなってしまう。2016年11月9日、オーナーの孫で従業員のアレン・ギブソンJr.氏が、店の前でオーバリン大学の黒人学生を呼び止めた。その学生は偽造IDでワインを買おうとしていたとみられるが、ギブソン氏は彼がコートの中にボトルを2本隠しているのではないかと疑った。

警察の調書によると、学生はワインを盗んでいないと言った。ギブソン氏が携帯電話で写真を撮ろうとすると、学生は携帯を叩き落とした。そして学生は店から走り去ったが、ギブソン氏は道向かいの公園まで彼を追いかけた。複数の目撃者の証言によると、ギブソン氏は学生の背後からのどを絞めつけ(ただし、オーバリン警察は疑問視している)、2人の女子大生がもみ合いに加わった。ここから先はいささか漠然としている。
オーバリン警察の調書には、ギブソン氏が「仰向けに倒れたところへ、何人かが馬乗りになって殴る蹴るの暴行を加えていた」のが目撃された、とあるが、現場の目撃証言は、学生に殴りかかろうとするギブソン氏を、加勢した別の学生2人が止めようとした、としている。

小規模なリベラル派のアートカレッジ、オーバリン大学は1980年に創立。政治活動の拠点としても有名だ。初めて黒人学生および女子学生の入学を認めた私立大学のひとつで、地下鉄道(19世紀に黒人奴隷たちが南部の州から北部の州へ逃亡するのを助けた地下組織)の中継地でもあった(実をいうと筆者もオーバリン大学出身。2011年に卒業後、1年間講師として勤務した)。
だから、学生たちがGibsonsの店先で起きた事件に対し、店頭抗議デモや不買運動をしたのも当然だった。

2016年11月10日、何百人もの学生がGibsonsの店頭に集まって抗議した。Gibsonsは人種差別的で、ずいぶん前から人種による偏見や差別を行っていたーーという内容のビラが配られた。大学職員や教授らも大勢かけつけ、メレディス・ライモンド学生部長の姿もあった。裁判所の記録によると、彼女は拡声器で群衆に呼びかけ、学生の作ったフライヤーを報道記者に手渡した。

オーバリン大学は長年にわたるGibsonsとの業務提携を打ち切った

そしてオーバリン大学は2016年11月、長年にわたるGibsonsとの業務提携を打ち切った。それまで店は構内のカフェにベーカリー商品を卸していた。2017年8月、問題の学生は司法取引に応じ、加重窃盗および不法侵入未遂で有罪を認めた。
彼は取引の条件として、ギブソン氏が人種による差別をしていないという声明文を書くよう求められた。「私は、Gibsonsの従業員の行動は人種的理由によるものではないと確信します。彼らはただ、未成年への酒販売を阻止しようとしただけです」と学生は一筆したためた。

事件発生からほぼ1年後の2017年11月、Gibsonsはオーバリン大学を相手に民事訴訟を起こした。大学が抗議デモ参加者にドリンクやピザをふるまい、学生たちが人種差別でGibsonsを糾弾するビラを印刷するのに構内の機材を提供するなどして、Gibsonsの名誉棄損に直接関与したと訴えた。
さらに大学が「業務提携再開の交換条件として」、学生らに対する告訴を取り下げるようベーカリーに圧力をかけようとした上、Gibsonsが謝罪を求めたところ大学が拒否した、とも主張した。

これに対し大学は、自分たちは学生の行動を直接支持していないため、責任を負う立場にははないと反論した。また、ライモンド学生部長はデモを支援したわけではなく、彼女があの場にいたのはただ事態を収拾するため、デモがエスカレートするのを止めるためだったと主張した(デモに参加していた2人の学生はローリングストーン誌の取材にこの主張を裏付け、学生部長がデモを支援する発言をしたところは見ていないと語った)。

大学はまた、学生らに対する告訴を取り下げるようベーカリーに圧力をかけた、というギブソン家の主張にも異を唱えた。
業務提携を停止してから数カ月後、大学はGibsonsとの取引を再開したが、「裏で手を引いたことも、学生たちへの刑事告訴を取り下げるよう求めたことも、言及したこともありません」と、オーバリン大学のスコット・ワーゴ広報部長はローリングストーン誌に語った(大学はギブソン一家が民事訴訟を起こしたあと、店との取引を永久停止したが、学生は今でも大学専用通貨「オービー・ドル」を使って、ベーカリーでショッピングすることができる)。

オハイオ州ロレイン郡の陪審員の意見は違っていた。6月、陪審は懲罰的損害賠償3300万ドル、補償的損害賠償1100万ドルを認める評決を言い渡した。その後ジョン・ミラルディ判事は、オハイオ州の損害賠償上限額にのっとって、合計2500万ドルに減額した。
にもかかわらず、オーバリン大学は判決に不満だった。「陪審の判断には大変残念です。そして、この裁判に関する一般市民の意見が断片的で、時にゆがめられているのは大変遺憾です」と、カルメン・トウィリー・アンバー学長は声明を発表した。
「ですが、我々は陪審の意見を尊重します。我々の本拠地である地域との関係を重要視いたします。今回の裁判から多くを学び、近隣住民とより強い絆を築いてゆこうと思います」

右派メディアは、Gibsonsの判決を手放しで大歓迎した。デイリーワイヤー紙のベン・シャピロ編集長をはじめ、ニューヨーク・タイムズ紙のブレット・スティーヴンス氏、共和党派の堅物政治評論家ジョージ・ウィル氏まで、誰もがダビデ対ゴリアテの戦いになぞらえ、小さな町の誠実なベーカリーが、政治的正義を振りかざすリベラル派にケチをつけられたと書き立てた。
ウィル氏はワシントンポスト紙にも寄稿してオーバリン大学によるGibsons Bakeryの名誉棄損をこき下ろし、大学は自らの前衛的なルーツを「汚した」と論じた。ビル・マー氏さえも判決に喜び、自らの番組でこう述べた。「社会正義の戦士らも……(政治的正義にも)どうやら代償があることにやっと気づいたようだ」

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  7. 7

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。