記事

「北極海」「バレンツ地域」が鍵「フィンランド」を視る「5つのポイント」篠田研次・元フィンランド大使インタビュー - フォーサイト編集部

1/2
フィンランドの首都ヘルシンキは、ロシアに向けて伸びる「ロシア・ゲートウェー」と、バルト諸国から欧州に向けて伸びる「欧州ゲートウェー」という2つの扇の要に位置している。地図で見ればフィンランドの地理的重要性は一目瞭然(篠田氏提供、以下同)

 2019年が日本との外交樹立100周年に当たるフィンランドは、1917年にロシア帝国から独立を果たして100年あまりという「若い」国だ。しかし、その歴史は劇的で、独立後の内戦に始まり、第2次世界大戦でのソ連の侵攻、ナチスドイツへの接近、敗戦などの苦難を乗り越え、現在では教育や福祉、IT技術などの分野で世界でもトップを争う先進国へと大きな変貌を遂げている。

 日本では「ムーミン」やサンタクロース、デザイン分野の「イッタラ」、「マリメッコ」などで知られているものの、未だヨーロッパの端に位置する遠い北欧の国というイメージを持つ人が多いかもしれない。しかし実は、航空便を利用すれば10時間足らずで到着できる、欧州の中でも日本に「近い」国でもある。

 そのフィンランドを、「日本企業がロシア市場、北欧・バルト諸国、そして欧州各国でビジネス展開を考える際に、最適な『パートナー』になり得る可能性を秘めた国」と話すのは、2012~16年まで駐フィンランド特命全権大使を務めた篠田研次氏だ。なぜフィンランドがパートナーとして最適なのか、5つの視点から聞いた。

間の「小さな国」

2012~16年までフィンランド大使を務めた篠田研次氏。「フィンランドと日本のパートナーシップは非常に重要」と語る

 1つ目は「地政学」的視点だ。

 東に約1300キロものロシアとの国境を持つフィンランドは、ユーラシア大陸を日本と東西から挟み込むように位置している。この位置関係が非常に大きな意味を持つという。

「私はフィンランドでの在勤中、現地の人々から『フィンランドと日本はほとんど隣国です。間に小さな国があるだけ』というフレーズをよく聞かされました。『小さな国』とはもちろん、ロシアのこと。また、1905年、極東の新興国である日本がロシアに勝利したことが、フィンランドの独立の機運を醸成したのだ、とも指摘されていますが、そういうこともあってか、フィンランドは欧州でも群を抜いて親日的です。

『ロシア』という要素は、フィンランドとは切っても切れない関係にあります。独立前はロシア帝国の一部でありましたし、第2次世界大戦中にはソ連の攻撃を受け、その結果、領土の10分の1を失い、冷戦期にはソ連からの圧力を受け続け、中立的な政策をとってきました。しかし、1991年にソ連が崩壊すると、それに素早く反応したフィンランドは、ソ連時代の相互援助条約に換えてロシアとの新たな条約を結び、さらに95年にはEU(欧州連合)の加盟国となります。

 現在、NATO(北大西洋条約機構)の非加盟国ながら、安全保障の面では西側に軸足を置き、NATOが進める国際的な危機管理活動にも積極的に参加しています。ちなみに、スカンジナビア半島のノルウェーはNATOに加盟していますが、EUの非加盟国。スウェーデンはフィンランドと同じく、EU加盟国ですがNATOには加盟していません。ただスウェーデンとフィンランドは緊密な北欧防衛協力を進めています。

 日本は現在もロシアとの間に領土問題を抱えています。フィンランドも安全保障上の主たる関心はロシアですから、この大国と様々な歴史的関わりを持っている国として、日本とフィンランドは相互にシンパシーを感じているのかもしれません。現在ではロシアとの建設的な関係を構築するとの視点から、両国は協力関係を築こうとしていますが、フィンランドが長年にわたって築き上げてきたロシアに関する知見と洞察力が、視点の2つ目、『経済・ビジネス』にも活きてくるのです」

ヘルシンキは扇の要

「先ほど述べたロシアを挟んだ隣同士という地理的位置関係は、特にロシア市場をめぐる日本・フィンランド間のビジネス協力の可能性を高める大きな利点になります。フィンランドはロシアと経済面でも深いつながりがある。なかでもサンクトペテルブルクからモスクワにかけてのロシア北西部には、何百社ものフィンランド企業が進出しており、他国と比較してもこの地域での存在感は圧倒的です。

 例えば、フィンランドの建設会社『YIT(ユイット)』は、ロシアの規制や許可制度に精通しており、サンクトペテルブルクに工業団地を建設していて、外国企業はこの工業団地に入居することを決めれば、翌日から工場建設に着手することが可能です。もし経験のない外国企業がロシアにおいて更地から工場を建てようとしても、土地の取得やインフラ整備に費用もかかるうえ、当局との手続きも長引き、何年も貴重な時間を空費しかねません。

 ノルウェーの首都オスロからスウェーデンの首都ストックホルムを通り、ボスニア湾を挟んで対岸のフィンランドの旧都トゥルク、首都ヘルシンキ、そしてロシアのサンクトペテルブルクをつなぐルートE18は『経済開発回廊』と位置付けられる高速道路で、この幹線を利用してロシア各都市へのゲートウェーとなるサンクトペテルブルクに容易にアクセスすることができます。この沿線上に多くの企業が倉庫やロジスティクス、生産設備を整備しているので、ビジネスを展開するには格好の環境です。

 ヘルシンキとサンクトペテルブルクをつなぐ高速鉄道アレグロ(Allegro)号を利用すれば、両都市の間はわずか3時間半。ロシア市場で活動基盤を有するフィンランド企業と連携し、その知識や経験、ネットワークを利用することは、フィンランドと日本のみならず、ロシアにとっても経済の発展をもたらすことになるのではないでしょうか」

 またフィンランドの経済的「パートナー」としての可能性は、ロシアだけを見据えたものではない。東京、名古屋、大阪からデイリーの直通航空路線で結ばれているヘルシンキ・ヴァンター空港は、北欧・バルト諸国を中心とした欧州経済圏へのハブとしてすでに定着している。

「ヘルシンキは、ロシアに向けて伸びる『ロシア・ゲートウェー』と、バルト諸国から欧州に向けて伸びる『欧州ゲートウェー』という2つの扇の要に位置しています。フィンランドは高い水準の教育でも知られていますが、それに基づく質の良い労働力と世界でもトップクラスの技術力も提供できますから、ロシア、欧州の2方向へのゲートウェーとして、日本企業にとって、まさに『ベースキャンプ』になり得る場所なのです。

 逆に、フィンランドにとっては日本がロシア極東部や東アジア、東南アジアへ事業展開をするときの『ベースキャンプ』になる。巨大な中国市場や成長著しい東南アジア市場へも近く、企業の持つ科学技術や資本力、比較的安定的な投資環境がある日本は、フィンランド企業にとって恰好なビジネスの拠点。ロシアを東と西から挟む位置で行うビジネス協力は、日フィン双方にとって大きな意味を持ちます」

紙やパルプの重要性

 そして篠田氏が挙げる3つ目の視点は「エネルギー」だ。バランスの取れたエネルギー政策をとるフィンランドは、特にバイオマスやクリーンテックと呼ばれる再生可能エネルギーの分野で協力する余地が大きいと言う。

「フィンランドは、石油、ガスといった化石燃料、太陽光、風力、バイオマスといった再生可能エネルギー、そして原子力と、3つのエネルギーをバランスのとれた形で利用しようとしてきた。フィンランドの地盤は強固な花崗岩ですので、地震や津波には無縁だからこそ、1970年代以降原子力に力を入れてきました。が、東日本大震災の際の福島第1原子力発電所事故を契機として、欧州では脱原発の動きが広まっています。そのような流れの中で、フィンランドも近年、再生可能エネルギーをより重視しつつあるように見受けられます。森林資源国としてバイオマスの活用は大いに進んでいます。我が国にとっても、今後フィンランドとのエネルギーに関する協力としては、自然エネルギーの分野がますます重要になるでしょう。

 フィンランドは国土の70%が森林で覆われており、環境に配慮しつつ高品質の木材が調達可能です。ハウスメーカーのミサワホームは1994年、フィンランド中部の森林の中にあるミッケリ市に『ミサワホームズ・オブ・フィンランド』を創業しました。地元自治体と提携・協力して製材工場をバイオマス発電所に隣接したところに建設し、製材の際に出る木くずをその発電所に供給して発電や暖房のために回し、それを逆流させ製材工場の建材の乾燥にも利用している。地元自治体との相互信頼関係を構築したからこその協力関係です。

 プラスチック汚染が世界中に広がっている今、フィンランドの森林を活かした紙やパルプの重要性もより増してくるでしょう。昨年、日本製紙がペットボトルに替わるキャップ付きの紙の容器を開発したとの報道がありましたが、こうした分野も誠に有意義なビジネスになるのではないかと思います」

あわせて読みたい

「フィンランド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。