記事

なぜ、18歳は選挙に行かなかったのか検証しました。

3/3

投票率を諦める同志たち

悔しすぎて、投票日翌日、投票率を高くするために戦う仲間たちに電話取材をして、YouTubeで生配信をしました。

マスコミの方、取材先探している方必見です。
https://www.youtube.com/watch?v=7LoD7YcHObs

 2時間生放送で、本当に主要な「若者に政治を伝える」団体がたくさん出演してくださりました。
ただ、誠に残念なことに、「今回の投票率どう思いましたか?」と聞いたら、ほとんどの方が予想通りみたいな言い方をされたのです。。。

 いや、もちろん低いという予想は出ていたけど、悔しいとか悲しいとか、何もできなかったとか無念とかそういう感情が先じゃないのかなって。私の質問の仕方が悪かったのかもしれないし、今回低い予想なんて皆していたから、投票率をあげるなんて、夢物語だったかもしれない。

でも、私たちでさえ、夢を見なかったら、誰も夢をみれないよって、本当に悔しくなりました。

常に捨て身のお笑い芸人だったからかなぁ。
誰にも知られていない。
路上ライブで素通りされる。
そんなところから、テレビにでるところまで経験できたからかなぁ。

資本金1円で貯金0円で会社作ったり、底辺からのスタートだったからかなぁ。

頑張れば、果てしなく遠い夢も近づくことがあるって知っているからかなぁ。

いろんなアプローチの団体が必要だし、考え方を否定する前に、市場を広げることは大事。

でも、やっぱりもっと大きな夢をみんなで抱いて、あの業界おもしろそうって思わせたい。

M1とかってそうじゃないですか。

一夜でスターになって、みんなあれに、憧れて、お笑いはじめるわけじゃないですか。

今、主権者教育の会社が熱い!そう思わせるために、私は株式会社にしました。
いつか、めちゃくちゃ儲ける。政治を伝えることが市場になることを示し、ライバルを増やします。

芸人の先輩 伊集院光さんに会社を作った時に、相談させていただいた際に
「でんじろう先生が科学教材を作った。今じゃ本屋じゃ当たり前に並んでいるけど、当時科学教材がお金になるなんて皆思っていなかった。だから政治もできる」
とおっしゃっていただき、めちゃくちゃ頑張ろうと思いました。

私が池上彰さんに憧れているのは、政治が数字のとれるコンテンツだと書籍の売り上げでも、視聴率でもしめしたことです。

数字って、継続には大事。だから、まだまだですが、笑下村塾では、これから追い求めていきたいと思っています。

政治家は若者の投票率をあげるのに本気ではない

18歳選挙権導入の政治的な背景を考えると、とても分かりやすいのですが、それは、長くなりそうなので、また行います。

やっぱり、根幹はここだったりします。

政党とか政治家の方個人の名前を具体的に出すことは控えます。
私は若者の投票率があがれば、彼らがどこにいれてもいいと思っています。
どこかに誘導したいわけじゃありません。

考え抜いた一票も、適当にいれた一票も同じ一票なのが民主主義の不思議なところで、難しさですよね。投票の質についてうるさくいい、投票にいくことだけを促すのはポピュリズムだ!と主張され、私を怒る方がいますが、それには納得がいきません。

そういうことを言う厄介な人がいるから、じゃあ行くの辞めようと考えてしまうと思います。というより、私はお笑いで敷居を下げるから、あなたは投票の質をあげてくださいよ。仲間割れしている場合じゃないし、なんで20も下の子の活動をそんなに否定するのか?ださくない?と心の中で不満をぶちまけております。

ちなみに、私たちは若者の投票率アップを目指しているだけで、どこの党に恣意的に誘導しているなどという意図は当たり前ですが、一切ありません。

その上でですが、現状を分析しますと、若者は比較的現在は、与党を支持しております。

野党はあまり頑張っても、自分たちが得をしません。
一方で与党も、若者の支持は消極的選択であり、消去法で選ばれたりしているため、熱心な党員ではないことなんて、ちゃんと認識しているため、そこを死ぬ気で掘り起こそうとはしません。

20年近く前、当時の森喜朗首相が、無党派層の人に向け、「(選挙に)関心がないといって寝てしまってくれれば、それでいいんですけれど……」と言いました。それだけ、無党派層を恐れているのです。

18歳選挙権を風化させないために、国会で芸人100人ライブをやったんですよ。

芸人100人×学生×議員をあつめる
ライブで、結果は大盛況だったんですが、議員さんを集めるのが一番苦労しました。
悔しかったなぁー。

お忙しい方々だし、こちらも急な開催だったし、新年会シーズンと重なってしまいましたが…。

今の若手議員の方々は、これからビックリするぐらい、選挙の戦い方がかわることを意識された方がいいと思います。会社でも、20、30代の若手の感覚と、50代、60代の感覚の乖離がすごくないですか?
今の20代、30代も、あと10~30年後、投票率があがって、影響力を持ち始めたときに、SNSで情報を判断する。そのときに、どう見られるかを考えた方がいいと思います。個人の発信力を高めることができるコンサルタントなんてなかなかいないですし。

今回諸派で頑張られたところは、そういうところを上手くついたのではないかと思いました。

長くなりましたが、ここ3年私が感じたところです。
感覚的なところもあります。

それ違う、実はこうじゃないかという意見、どしどしお待ちしています。
深夜に書いているため、誤字脱字、お許しください。

他の人の課題ばかりあげつらったので、笑下村塾がどんなことに、どのように挑戦し、失敗したか、次回どのように向き合うべきなのかなどきっちりと、また書きます。

<仲間募集中>

また、政治を分かりやすく伝えることに今後も注力したいので
・ライター
・文章の編集やディレクション
・イラスト
・動画編集
などできる方を探しています。

社会人の方も学生の方も週1ぐらい〜、時給1000円で副業的にやってもいいという方いらっしゃいませんか。

アウトプットの量が、全然追いつかないので、お手伝いいただきたいです。

この文章を最後まで読めたということは、きっとできると思っています。

下記まで、過去の実績や思いなどを書いてください。
infotaka7@gmail.com

またまだまだクラウドファンディングのご支援もお待ちしています。

あと6日です。
https://camp-fire.jp/projects/view/166465

すでにご支援いただいたみなさま、ありがとうございます。
引き続きご拡散お願いします。

18歳の投票率が低い10の県で出張授業をしました。

笑いの力で若者の投票率を向上するため、どうかお力添え下さい。

ちなみに、学校での出張授業を書籍化しました。

「政治の絵本」よろしければ、ご一読くださいませ〜。
https://www.amazon.co.jp/dp/4335460406/

===========================
このブログは、たかまつなな個人の考えです。
所属する組織、勤務先とは一切関係ありません。

ご意見やお問い合わせがある方は、下記までお願いします。
infotaka7@gmail.com
===========================

あわせて読みたい

「18歳選挙権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  3. 3

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  7. 7

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  8. 8

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  10. 10

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。