記事

チュニジア巡礼への査証の厳格化(サウディ)

先ほどはチュニジア人がシリアで戦闘に参加している問題を紹介しましたが、今度はサウディのチュニジアの青年への査証発給の厳格化です。
チュニジアの男性と言えば北アフリカでは伝統的に最も温和な男性とされ(モロッコやアルジェリアの男性がライオンとか戦士と形容されるのに対して乙女という形容さえある)てきましたが、そのようなチュニジアの男性も革命を経験し変容したのでしょうね。

18日付のal qods al arabi net は、チュニジア当局がサウディ政府が今年のハッジ及びオムラ(ハッジ月以外の時期のメッカへの巡礼)参加者の男性で、35歳以下に対する査証発給を厳格化していることを認めたと報じています。
これは宗教省の巡礼担当者の記者会見での発言で、サウディはチュニジア人男性が巡礼後サウディに残り、職を求めたり聖戦に参加(場所はパレスチアとかアフガニスタンとか)することを懸念しているからで、チュニジア人の巡礼後の居残り数は、サウディ政府が一般に認めている総数の1%以下という数字を超えている由。
なお、チュニジアからの巡礼者の数は例年3万人程度の由。
更に担当者はチュニジアっ平和の国であり、聖戦参加云々の話は関知しないが、チュニジア人で巡礼の後で聖戦に参加しようと思っているものは、自己責任で十分その結果等について考えるべきであるとアドバイスしたとのことです。

記事の要点は以上で、どうもサウディ政府の警戒は主として巡礼後違法に滞在して、そこから聖戦に参加するものを警戒しているとの印象をあたえますが、チュニジアの経済状況に鑑みれば、それと並んでと言うかそれ以上に、違法滞在から引き続きサウディでの就職を狙っているようにも思われるのですが、どうでしょうか?

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-05-18-15-10-07.htm

あわせて読みたい

「チュニジア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。