記事

NY市場サマリー(24日)

[24日 ロイター] - <為替> 弱いユーロ圏指標を受け、ユーロが対ドルで一時約2カ月ぶりの安値を付けた。25日の欧州中央銀行(ECB)理事会や来週の米連邦準備理事会(FRB)の会合を控え、ドル指数は小動き。

ユーロは対ドル<EUR=>で0.1%安の1.1137ドル。アジアや欧州の取引時間帯に、1.1128ドルと5月30日以来の安値を記録した。

IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.5と6月の52.2から低下し、ロイター調査による予想中央値52.1も下回った。[nL4N24P2DZ]

これを受け、25日のECB理事会が10ベーシスポイント(bp)の利下げに踏み切ると金融市場が織り込む予想確率は54%に高まった。

TD証券の外為戦略部門の欧州責任者は「明日に顕著なハト派シフトが見られれば、(ユーロの対ドル相場は)1.11ドルを割り込む新たな取引レンジに突入する可能性もある」と指摘する。

ドル指数<.DXY>は小動きの97.704。

ドルは対円<JPY=>で0.1%安の108.17円。

英ポンドは対ドル<GBP=D3>で0.4%高の1.2483ドル。先週に付けた2年3カ月ぶり安値(1.2382ドル)近辺だ。ユーロ<EURGBP=D3>に対して0.6%上昇した。

英与党・保守党のボリス・ジョンソン党首がこの日、新首相に就任した。欧州連合(EU)離脱協定を巡りEUから「新たな合意、より良い合意」を取り付けるとした上で、「10月31日にEUを離脱するという約束を果たす。たらればはない」と言明。これを受け、ポンドは上げ幅を拡大した。[nL4N24P3UL]

<債券> 国債利回りが低下。低調なユーロ圏指標を背景にECBが追加金融緩和を示唆するとの観測が高まったことでユーロ圏債利回りが低下。米市場もその動きに追随した。

IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合PMI速報値は前月から低下、市場予想も下回った。製造部門がさらに低迷したことが影響した。同月のドイツPMI速報値は、製造業が7年ぶりの水準に落ち込んだほか、フランスPMI速報値も2カ月ぶりの水準に低下した。[nL4N24P2DZ] [nL4N24P1VY]

この日発表された7月の米製造業PMI速報値は前月から低下し、2009年9月以来の低水準となった。[nL4N24P3SK]

終盤の取引で指標10年債<US10YT=RR>は6/32高、利回りは2.053%に低下。

米中通商交渉を巡り明るいニュースが伝わる中、米債利回りはオーバーナイト取引で上昇していた。米ホワイトハウスはこの日、米中の通商交渉担当者が30日から上海で協議を再開すると発表。[nL4N24P3DQ]

米財務省がこの日実施した410億ドルの5年債入札への引き合いは低調。前日実施された400億ドルの2年債入札もさえない結果に終わった。25日には320億ドルの7年債入札が行われる。

<株式> S&P総合500種指数とナスダック総合指数が上昇し、終値で最高値を更新。企業決算では航空機大手ボーイング<BA.N>や重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>がさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は底堅く、相場の下支えとなった。

TIは7.4%高。前日発表した第2・四半期決算で利益と売上高が予想を超えたほか[nL4N24O4JF]、半導体需要の世界的な需要は当初の予想ほど長引かない見通しを示した。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>は3.1%上昇し最高値を付けた。

一方、キャタピラーは4.5%安。四半期決算は利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。米中などの貿易摩擦が企業の景況感や経済活動に影響したことも影を落とした。[nL4N24P43I]

ボーイングは3.1%安。四半期決算は純損失が29億4000万ドルと過去最大に膨らんだ。旅客機「737MAX」の運航停止延長が響いた。[nL4N24P3TP]キャタピラーとボーイングの下げに伴い、ダウ平均株価はマイナス圏で取引を終えた。

米小型株指数のラッセル2000指数<.RUT>は1.64%高と、5月初旬以来の高値を付けた。年初来ではS&P総合500種が20%、ナスダック総合指数は25%、値上がりしている。

宅配便のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>は8.7%高。ネクスト・デイ・エア(翌日配達航空便)などの需要増で四半期利益が予想を上回った。[nL4N24P3RH]

引け後ではフェイスブック<FB.O>が4.3%上昇。四半期決算は売上高がアナリスト予想を上回った。[nL4N24P4MK]

<金先物> 米利下げ観測を背景に買われ、小反発した。中心限月8月物の清算値は前日比1.90ドル(0.13%)高の1オンス=1423.60ドル。

米連邦準備制度理事会(FRB)が今月30、31両日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、最低でも25bpの利下げを決定することはほぼ確実視されている。米利下げ期待が高まる中、金は買いが優勢となった。また、7月のユーロ圏総合PMIが市場予想を下回ったことから、ユーロ圏の景気先行き懸念が強まり、金の買いを誘った面もあった。

ただ、ECB定例理事会や来週の日銀金融政策決定会合、FOMCなどを控えて積極的な商いは手控えられ、値動きは限られた。米商務省が24日発表した6月の新築一戸建て住宅販売件数は市場予想を下回ったが、材料視されなかった。

<米原油先物> 米原油在庫の大幅減少を好感して買いが先行したものの、利益確定の売りなどに押され、4営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月9月物の清算値は前日比 0.89ドル(1.57%)安の1バレル=55.88ドル。10月物の清算値は0.85ドル安の56.00ドル。

米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した週報によると、19日までの1週間の国内原油在庫は1080万バレル減と、取り崩し幅は市場予想の400万バレルを大きく上回った。マイナスはこれで6週連続。石油製品在庫の増減もほぼ市場予想の範囲内となったため、需給引き締まり期待が広がり、相場は一時57.64ドルまで上昇した。

ただ、在庫週報の発表を受けた買いが一巡した後は流れが反転。利益確定の売りが出たほか、ハリケーン「バリー」のメキシコ湾接近に伴い石油施設が稼働を停止した影響が原油在庫の急減を招いたとみる向きが売り戻した。さらに米株価が下落する中、株式と並んでリスク資産とされる原油にも下押し圧力がかかりやすく、相場は清算値確定間際に一段安となった。

ドル/円 NY終値 108.17/108.20 <JPY21H=>

始値 108.03 <JPY=>

高値 108.24

安値 107.95

ユーロ/ドル NY終値 1.1139/1.1143 <EUR21H=>

始値 1.1153 <EUR=>

高値 1.1155

安値 1.1133

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 106*04.50 2.5784% <US30YT=RR>

前営業日終値 105*17.00 2.6070%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*28.00 2.0497% <US10YT=RR>

前営業日終値 102*21.00 2.0740%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*22.25 1.8148% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*20.75 1.8250%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*27.50 1.8219% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*27.13 1.8290%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 27269.97 -79.22 -0.29 <.DJI>

前営業日終値 27349.19

ナスダック総合 8321.50 +70.10 +0.85 <.IXIC>

前営業日終値 8251.40

S&P総合500種 3019.56 +14.09 +0.47 <.SPX>

前営業日終値 3005.47

COMEX金 8月限 1423.6 +1.9 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1421.7

COMEX銀 9月限 1662.6 +15.0 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1647.6

北海ブレント 9月限 63.18 ‐0.65 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 63.83

米WTI先物 9月限 55.88 ‐0.89 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 56.77

CRB商品指数 178.2219 ‐0.8137 <.TRCCRB>

前営業日終値 179.0356

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。