記事

当選証書授与式をネット中継。「SNS墓場」を作らないために、選挙後も毎日発信します

こんばんは、おときた駿です。

本日は「当選証書授与式」が行われ、久しぶりに東京都庁に行ってきました。

選挙が終わってまだ3日間、フワフワと地に足がつかない毎日を過ごしていますが、こうしたものをもらうと急に実感が湧いてくるものですね…!

ちなみに「やながせさんと一緒に取りに行かないの?!」というお問い合わせをいくつかいただきまして、私も一緒に行くものだと思っていたのですが、

東京選挙区→都庁(東京都選管が担当)
全国比例区→総務省(中央選管が担当)

と、ぞれぞれ所轄が異なるので、取りに行く場所・日時も異なるわけですね。選挙戦初日の立候補手続きも、私は都庁でやながせさんは総務省でした。

やながせさんは26日に取りに行かれる模様です。

選挙が終わった後こそ発信を!ということで、小さな一歩かもしれませんが、当選証書授与式をネット中継させてもらいました。

選挙期間中は毎日のように色々な写真をアップして、街頭演説会の告知をするのに、「当選しました!」と投稿した後は次の選挙まで更新がない、という政治家アカウントは冗談ではなく無数に存在します。

私はこれらを通称「SNS墓場」と呼んでいます。実例を出すのはさすがに控えておきますが。

吉村府知事が指摘するように、これは有権者への一つの「裏切り」だと思うのです。

都議会議員時代に継続してきたように、当然のことながら、ブログを中心としたネット発信は毎日継続していきます。

国会議員会館に入って環境が整ったら、会期中はまたきっと「おとやなコンビ」による「やなチャン!」中継も毎日のように始まるはずです。

というか、本当に選挙期間中は四六時中一緒にいて、毎日動画を配信していたから、一日休んでいるだけですでに違和感があります(笑)。

これからも明るく・楽しく・真面目に政治情報を発信していく、あたらしい政治にぜひともご期待くださいませ。

それでは、また明日。




おときた駿の政策はこちらからご覧いただけます



おときた駿 プロフィール
前東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。2019年、都議を辞職し、地元・北区長選挙に挑戦を決意。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「選挙活動」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。