記事

打ち合いの末の痛み分け?~「ブロマガ」商標侵害訴訟・東京地裁判決

1/3

たぶん、黒塗りに時間がかかったせいだろう。
判決言い渡しから1か月くらい経って、ひっそりと最高裁HPにアップされた東京地裁知財部の判決。

だが、よく読むとこの事件、提訴時には、商標界隈のマニアックな方々の間でもかなり話題になった、あの「ブロマガ」事件の判決ではないか!

FC2とドワンゴ(旧ニワンゴ)、というWeb動画配信サービスで競い合う尖った企業同士がお互いに商標法と不正競争防止法に基づく主張を打ち合ったこの事件、代理人弁護士のお名前を拝見しても、豪華ですね・・・という印象を受けるものなのだが、第1ラウンドでは果たしてどういう決着になったのか、以下、簡単にご紹介することにしたい。

※なお、事件勃発当時の「まとめ記事」として、今見られる主なものは以下のとおり。

・STORIA法律事務所 柿沼太一弁護士「FC2vsドワンゴのブロマガ裁判と商標の仕組みを5分で理解できる記事」https://storialaw.jp/blog/2140
・IPF biz「FC2-ドワンゴ 「ブロマガ」商標権者同士の争い 解説」 FC2-ドワンゴ 「ブロマガ」商標権者同士の争い 解説

両者の商標出願時の経緯からして複雑な事件だけに、分かりやすくまとめるのはかなり難しいのだが、分かりやすさも追求しつつ丹念に説明されているこれらの記事には心から敬意を表する次第である。

知財高裁令和元年5月23日判決(第1事件・平成28年(ワ)第23327号、第2事件・平成28年(ワ)第38566号)*1

第1事件原告兼第2事件被告  FC2,INC.(以下「FC2」)
第1事件被告兼第2事件原告  株式会社ドワンゴ (以下「ドワンゴ」)

2つの事件で原告と被告がクロスしているので、以下端的に社名で説明すると、まず、FC2が自社の商標(以下「FC2商標」)に基づいて商標法及び不正競争防止法に基づく使用差し止めと1億円の損害賠償を求めて訴えを提起し(第1事件)、これに対して、ドワンゴが自社の商標(以下「ドワンゴ商標」)に基づいて同様のカウンターパンチを打ち返し、使用差し止めと2332万8000円の損害賠償請求訴訟を提起した(第2事件)という流れになっている。

前掲提訴時のまとめ記事に依拠するならば、元々、両社とも自社のサービスインのタイミングでは「ブロマガ」の商標を出願しておらず、2012年9月になってFC2→ドワンゴの順に相次ぎ出願、さらに先行する第三者商標の存在や、それに基づいてドワンゴ側が仕掛けたFC2商標への無効審判請求等の影響もあって、両社とも完全に意図した範囲で商標を確保できていない、という難しい状況の中、「相互に権利を行使しあう」形で始まったのが本件訴訟だ、と言えるだろう。

ちなみに、FC2商標は商標第5621414号*2という二段書きの商標である。

添付商標目録には他にも、第5654405号*3という同じく二段書きの商標*4や第5770313号(ブロマガ)、第5793426号(BloMaga)といった商標が載っているのだが、これらはあくまで抗弁として使われているだけのようである*5。そして、いずれも第42類の役務のみで権利が確保されている、という点に特徴がある。

一方、ドワンゴ商標は、第5617331号*6

この商標は、FC2の一番最初の商標から2週間後に出されたもので、それゆえ第42類のコアな指定役務はほとんど抑えられていないのだが、一方で今回ターゲットにした第41類(電子出版物の提供)や、プログラムに係る第9類の商品はカバーしている。

で、本件では、いずれの当事者も自社のサービスの中で「ブロマガ」という表記を使っていたことについてはほとんど争いがなかったようで、訴訟で主張な争点になったのは、「相手方が提供しているサービスが自分たちの商標の指定役務に類似するか(そもそも独立した役務として観念できるか)」ということ。

FC2が訴えたドワンゴのサービスは、

「ドワンゴは,インターネット上で,動画等のコンテンツの配信やそのたの各種サービス(ニコニコ)を提供しており,そのうち,平成24年8月に開始した「CHブロマガ」サービスは,チャンネルオーナーと呼ばれる,ドワンゴと契約した企業,著名人等が記事コンテンツの投稿,配信を行い,ユーザーが記事コンテンツをウェブサイトで閲覧をしたり,配信を受けたりすることができるサービスであり,平成25年1月に開始した「ユーザーブロマガ」サービスは,ドワンゴがインターネット上で提供するサービスについての会費を支払ったプレミアム会員がブログを開設することができるとともに,そのブログ記事を配信することもでき,ユーザーが記事コンテンツをウェブサイトで閲覧をしたり,ブログ記事の配信を受けたりすることができるサービス」(28~29頁、強調筆者、以下同じ。)

と認定されたもので、その中でも特に「ユーザーブロマガ」サービスにおいて、

「ユーザーが自らのブログ記事を作成してウェブサイトにアップロードした際には,ドワンゴが設置管理するサーバーの記憶領域にブログ記事のデータを保存しており,ドワンゴは,サービス利用者に対し,サービス利用者自身のブログを開設し,ブログ記事を作成し,投稿するために必要となるサーバーの記憶領域を提供している」(32頁)

というサービスが行われていることが、FC2商標の「インターネットにおけるブログのためのサーバーの記憶領域の貸与」という指定役務に類似するか、という点が争われることになった。

ドワンゴが提供していたのはあくまで「ブログ開設・配信サービス」なのだから、FC2としても、本来なら同じ第42類でも「ウェブログの運用管理のための電子計算機用プログラムの提供,オンラインによるブログ作成用コンピュータプログラムの提供,インターネット上の情報を閲覧するためのコンピュータプログラムの提供」といった役務で権利行使したかったところだろうが、冒頭で引用した解説記事にもあるとおり、これらの役務は先行するドワンゴによる一部無効審判、及びその審決取消訴訟の棄却判決(知財高判平成28年1月13日)の確定によって既に無効化されてしまっている。

それゆえ、FC2は残された役務の中でもっともかすりそうなものを前面に出して権利主張せざるを得なかったのだと思われるし、ドワンゴとしては「本件で問題となるブログに関するサービスにおいてサーバーの記憶領域への保存の過程があることは認めつつ」も、「役務の提供に付随して提供される業務は商標法上の役務には含まれない」という前提に立ち、「ブログ記事の作成やウェブサイトでの閲覧機能は独立したサービスではなく,ブログ記事の配信サービスと分離して取引されていないこと,ドワンゴはサーバーの記憶領域の保存過程について対価の支払を受けていないこと等から,ブログ開設及びブログ記事作成,投稿機能は,他の役務の提供などに付随して提供される業務であって商標法上の役務ではない」(以上32頁)という反論で対抗することになった。

あわせて読みたい

「ドワンゴ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国 金利デリバティブを調査へ

    ロイター

  2. 2

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  3. 3

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  4. 4

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

  6. 6

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  7. 7

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  8. 8

    輸出規制強化で奮い立つ韓国企業

    ヒロ

  9. 9

    韓国紙の歪曲した歴史解釈に呆れ

    諌山裕

  10. 10

    19歳ADが女優 女性向けのAV会社

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。