記事

自民党と公明党の共依存関係

今回の参議院選挙で顕著だったのは、公明党が攻撃の対象になったことだ。

公明党は、この攻撃をよく凌ぎ切ったと思う。

これで維新からも攻撃されるようになったら相当のダメージになっただろうな、と思うが、どうやら大阪の維新とは手打ちをしたようだから、党勢に陰りを示すようなことはなかった。
しかし、公明の物言いが実に慎重になったことは明らかである。

れいわ新選組の野原氏が東京選挙区から立候補し、公明党に真正面からガチンコ勝負を挑んできたことが大きかったと思う。
野原氏は創価学会壮年部であることを堂々と掲げ、公明党も創価学会の執行部も散々に批判していた。
いわゆる無党派層の方々は、宗教色が色濃くついている候補者は敬遠しがちで、野原氏は6年前に山本太郎氏が獲得した60数万票をそのまま承継することは出来なかったが、それでも公明党やその支持者の方々には野原氏の存在は脅威だったはずである。

公明党や創価学会の執行部の方々が必死だった、ということは想像に難くない。
多分、自民党の支持者の票のいくばくかは公明党に流れたはずである。

これまでは、自民党が公明党の組織票に支えられている、という評価がもっぱらだったが、実は公明党も自民党の組織票に支えられている側面がある、ということだ。

自民党と公明党の共依存関係が、いつまで続くか。

今回の参議院選挙では特に緩みや変調は見られなかったが、この先、何があるか分からない。

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  4. 4

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  7. 7

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  8. 8

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  9. 9

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。