記事

判決はわたしをアレフ幹部としていません(2019年6月25日 公安調査庁を訴えていた裁判の判決について共同通信が行った誤導報道について)

 去る6月25日、公安調査庁がわたしをアレフの幹部だと虚偽の主張をした件につき、公安調査庁を訴えていた裁判の判決がありました。結論だけ述べると211ページの敗訴判決でした。

 わたしはアレフから「悪魔」や「気が狂っている」人間として扱われており、公安調査庁の主張は、現実を完全に無視したものでした。なお、現在は公安調査庁もわたしをアレフの幹部だという主張は行っておりません。

 この判決につき、当事者であるわたしには何ら取材をしないまま共同通信は「松本智津夫元死刑囚の三女が敗訴 オウム幹部認定取り消さず」(共同通信)と、あたかも公安調査庁の虚偽の「認定」が正しかったと誤導するようなタイトルをつけて報じました。この共同通信の記事は、地方紙の多くに掲載されました。

 実は、この判決において、公安調査庁の「認定」が正しいという判断は行われていません。


 わたしは、公安調査庁の行った幹部「認定」について、取り消しを求めた行政訴訟――取消訴訟を起こしていました。そこで、裁判所は幹部認定が「行政処分」にはあたらず、従って取消訴訟の対象とならないと判断したのです。

 そのことは、判決文を読めば明らかです。

 この判決は「処分とは,公権力の主体たる国又は公共団体が行う行為のうち,その行為によって直接国民の権利義務を形成し又はその範囲を確定することが法律上認められているものをいう」(判決15ページ)とし、これを前提として、「幹部認定」は、「当該行為により直接原告の権利義務を形成し又はその範囲を確定する効果を有するとはいえない」(判決16ページ)としたのです。

 お読みいただければわかりますが、裁判所がかつて公安調査庁が虚偽主張した「幹部認定」を事実として扱い、「幹部認定」を取り消さなかったということはないのです。

 すなわち、裁判所は公安調査庁が行ったわたしが「幹部」であるという主張を正しいと認めていないことをここで明らかにしておきたいと思います。

 以上から、当事者に取材もせず、何の説明もなく「幹部認定を取り消さず」と誤導するような見出しを書いた共同通信に対し、誤った見出しであったこと、及びこのような見出しをつけた理由について説明を掲載することを求めます。

あわせて読みたい

「Aleph(アレフ)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。