記事

結局どうだった? 期間中の政策ビラ解禁

2019年3月から自治体議員の選挙期間中に政策ビラの配布は解禁された。その結果、どうなったのか?


政策ビラの解禁は、国会議員選挙や首長選挙では実施されていたが自治体議員選挙では解禁されていなかった。そのため、選挙期間中には選挙公報の限られたスペースで政策を伝えるか、選挙カーや駅前などでマイクを使って伝える。電話をかけて投票を依頼する。あるいは個人演説会で訴えるしか政策を伝えることはできなかった。

 そのため、政策で候補者を選ぶように運動を続けてきたことで解禁となった経緯がある。この経過はさておき、実際の選挙で配布してどうなったのだろうか?

■座談会で出された課題

 このことをテーマとして実際に配布した議員と各地の配布状況を調べていた議員とで座談会を行った。その様子が『議員NAVI』の「座談会 政策ビラ解禁をふりかえる」に掲載されているのでご覧いただきたい。

 主なテーマは、
・政策ビラは、実際どう使われたか
・「4,000枚」をどう使うのか
・政策ビラへの住民の反応はどうだったか
・政策ビラの中身の工夫
・選挙制度にはまだ課題も
・昔ながらの選挙戦が変わってきた?
 
 というもの。

 詳細は、会員専用サイトでのみ読むことができるので会員の方はご覧いただきたいが、私からは、事前のビラとの違いを出すこと。分かりやすく伝える工夫がさらに必要なことを話させていただいた。

 座談会に参加された方からは、配布できるのが市議で4,000枚と中途半端な数であったこと。もっと広く知ってもらうには数を増やしたいが、配布方法がポスティングはダメで新聞折り込みだけで良いのか。

 また、街頭演説の時間でしか配布できないので、朝の8時から20時の間でしか配布ができず、朝の通勤時間のピークである8時前に配布できない課題などが出されていた。

■有権者が求めている内容

 ビラ解禁の運動を行ってきた私が事務総長をしているローカルマニフェスト推進連盟では、早稲田大学マニフェスト研究所と協力して「統一選 政策ビラ解禁に向けた議会イメージ・政策型選挙調査」を行っている。

 この結果を見ると「候補の思いや政策の良しあしで当落が決まるべきだ」と考えている人が多く「政策ビラ」の解禁を比較的望ましいと考えている人が多いことが分かる。


 そして、そのビラの内容は実現したいと考える政策や将来のビジョンが必要で、候補者の家族情報や候補者の趣味、推薦人、他候補の批判は不要と考えている人も多かった。

 実際の政策ビラの内容は有権者が求めている内容になっていただろうか。そもそも、有権者の方は、解禁されたビラを読んで投票行動につながったのだろうか? このことは今後の研究課題としたい。

 いずれにせよ、政策で判断できる道具が増えのだから、候補者も有権者も有効に使うべきだ。具体的な使い方は今後も考えていきたい。


あわせて読みたい

「選挙活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。