記事

何にしても憲法改正議論から逃げるわけにはいかないだろう

立憲民主党や共産党、社民党はなにやかや理屈をつけて憲法改正議論に巻き込まれるのを回避するだろうと思われるが、いつまで敵に後ろをみせるようなことを続けることが出来るだろうか。

最低限、国民投票法の改正くらいは実現しなければ国会議員としての職務を放棄しているように思われるだろうから、渋々でも憲法審査会の開催くらいには漕ぎ着けるはずだ。

自民党としては何とかして9条改憲の突破口を開きたいところだが、9条の改正は事実上棚上げにならざるを得ないだろうな、というのが私の観測である。

公明党の9条改正についての消極姿勢が最近とみに際立っている。
9条に触るのだったら憲法改正の議論に入らないでもいい、くらいな表情があちらこちらで垣間見える。
自民党の憲法改正推進派の人たちは、公明党の思わぬ抵抗に難渋するはずである。

公明党やその支持母体である創価学会の内部で9条改憲について相当強固な反対意見が出てきているのだろう。

公明党が渋っているのに、自民党が単独で9条改正案を押し通すことは事実上不可能である。

したがって、憲法改正の議論はするが、憲法改正案の発議までには至らない、と見ておいた方がいい。

多分、安倍総理は、憲法改正の議論が始まりさえすればそれでいい、くらいの感覚でいるはずだ。
無理をしないのが安倍内閣である。

選挙が近くなると、君子危うきに近寄らず。
難しい問題は引き起こさないように細心の注意を払うのが、安倍内閣である。

野党の皆さんは、安心して憲法改正論議に参加されていい。

これが、私のアドバイスである。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。