記事

吉本興行の闇営業 経営陣の問題

私は、お笑いを見るほうでは、ありませんが、テレビをつければ吉本の芸人さんが出ているのが、当たり前のようになっています。その吉本の闇営業問題を巡って、経営の抜本的改革が必要なのではないかと、連日の報道を見て思っています。

そもそもは、振り込め詐欺グループの宴会に、カラテカの入江慎也さんの仲介で宮迫博之さんと田村亮さんなどが参加し、金銭を受け取っていたことがあります。

これに対して、吉本興行は、参加して金銭を受け取っていた11人を謹慎処分にし、宮迫さんとの契約解消を発表しました。もちろん犯罪集団との闇営業は、大きな問題です。

しかし、その後の吉本興行の岡本昭彦社長などの対応の不適切さが問題視されています。宮迫さんと田村さんが、20日に吉本を通さずに記者会見し、内情を語って、大きなニュースになりました。

これに対して、昨日22日、岡本社長が記者会見しましたが、質疑への回答がはっきりせず会見は5時間以上にわたりましたが、危機管理が全くなっていないマイナスな会見だったことが、私が見てもわかります。

問題になっているパワハラが、日常的に行われていたのであろうことが、ひとつの問題点。宮迫さんと田村さんが記者会見の開催を求めると、岡本社長が「お前らテープまわしてないやろうな」といい、この点について昨日の会見では「冗談だった」と言っていましたが、冗談ですませられることではありません。

また、「(会見を)やってもええけど、ほんなら全員連帯責任、クビにする」と。会見をしても「在京、在阪のテレビ局は、うちの株主だから大丈夫」などと、どうみてもパワハラです。

そして、世論やメディアが、宮迫さんや田村さんよりになると、昨日の会見で、宮迫さんへの処分を一転して取り消し、「同じテーブル向き合い、彼らの思いに耳を傾け、解決策を考えたい」などと語り、涙を見せても、とても本心とは思えないことは、その後の質疑でののらりくらりと回答しない態度からも明らかです。

そして、このような闇営業に走ったのは、吉本の若手の芸人さんの収入が、あまりにも少ないことがあるようです。社長は、昨日、会社と芸人さんの取り分は5対5と話したのに対して、若手の芸人さんたちが、全く違うと声をあげています。何日も仕事をして2000円とか、9割9分9厘対1厘という声さえ出ています。

自分の力で這い上がらないとダメな業界だとしても、若手を育てる仕組みが、なっていないように思います。先輩の芸人さんたちが、後輩を守る発言をしていることには救いを感じすが、今の経営陣が続けるのなら、辞めるという人もいて、吉本興行崩壊か、ともいわれています。

お笑いは、日本の文化のひとつかと思うので、何とか、ピンチをチャンスに変えて、ガバナンスを立て直すなど抜本改革してもらいたいものです。

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。